春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 文京シビックセンターから撮影した「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。その名の通り春日駅と後楽園駅前の再開発で現在は既存ビルの解体工事が行われています。

春日・後楽園駅前地区市街地再開発の完成予想図
春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:再開発組合]

 解体後の跡地にはこのようにタワーマンションやオフィスビルが建設されます。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の断面図
春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の断面図[出典:再開発組合]

 このように低層部には商業施設が入る複合ビルとなります。再開発組合のHPの記載されている内容をそのまま書き写すと

南街区(S-A,B,C)
・S-Aでは、中〜高層部において、区内有数の規模となる大型事務所を計画します。
・S-Bでは、中〜高層部には30〜60m2の多様なタイプの住戸を計画します。
・低層部には、拠点商業地の形成に資する商業施設を計画します。

西街区(W)
・中層部には小型の事務所を、中〜高層部には比較的小型の住戸を計画し、権利者の多様なニーズに対応した施設計画とします。
・低層部には、にぎわいを連続させる小規模な店舗を計画します。

北街区(N-X,Y)
・N-Xでは、中層部に中〜小型事務所を配置します。また、中〜超高層部には主に60〜80m2を中心としたファミリータイプの住戸を計画します。
・低層部には、生活利便性を高める商業施設を計画します。

全体
・子育て支援施設の誘致を進めます。
・災害時の一時避難場所としての必要資材等を保管する防災備蓄倉庫や、高層住戸での生活を維持するための備蓄倉庫の設置を検討します。

となっています。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の配置図
春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の配置図[出典:再開発組合]


春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 地上40階、最高高さ148.45mのタワーマンションが建設される北街区方面です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 文京シビックセンターに近い側の南街区です。こちらには地上23階、最高高さ109.08mのオフィスビルとタワーマンションが建設されます。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 地上から撮影した南街区です。この角地に最高高さ109.08mのオフィスビルが建設されます。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 こちらの角地も南街区で三菱東京UFJ銀行が入るビルも解体され、跡地にはタワーマンションが建設されます。東京都民銀行が入るビルなどは再開発には参加していないためそのまま残ります。

春日・後楽園駅前地区再開発事業 南街区 建築計画のお知らせ
 南街区の建築計画のお知らせです。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 こちらの角地が北街区です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 少し文京シビックセンター側に移動して撮影。中央の「住友不動産後楽園ビル」(地上20階、高さ88.9m)は再開発には参加しておらずそのまま残ります。こうしてこの角度から撮れるのは今だけです。

アトラスタワー小石川
 上の写真で見切れていた「アトラスタワー小石川」(地上28階、最高高さ92.9m)もこうして撮れるのは今だけです。なかなかいい撮影スポットがないマンションなのでいい感じに撮れて良かったです。

春日・後楽園駅前地区再開発事業 北街区 建築計画のお知らせ
 話は少し逸れましたが北街区の建築計画のお知らせです。


■春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区の物件概要■
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 北街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目地内
用途:共同住宅、事務所、店舗
階数:地上40階、地下2階
高さ:140.83m(最高高さ148.45m)
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:現場造成杭、直接基礎
敷地面積:6,208.90
建築面積:4,053.06
延床面積:84,313.87
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
設計者:日本設計
施工者:清水建設
工期:2016年3月31日着工〜2020年3月31日竣工予定

■春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区の物件概要■
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 南街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目地内
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所
総戸数:157戸(うちワンルーム43戸)
階数:地上23階、地下2階
高さ:100.23m(最高高さ109.08m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:9,315.59
建築面積:5,113.21
延床面積:94,166.32
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
設計者:日本設計
施工者:大成建設
工期:2016年3月末日着工〜2021年11月30日竣工予定