(仮称)竹芝地区開発計画
 昨日、世界貿易センタービルの展望台から撮影した「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上39階、高さ210m)です。建設地は「都立産業貿易センター浜松町館(都産貿:とさんぼう)」と東京都計量検定所の跡地です。

 また、写真上のゆりかめも竹芝駅前の東京都公文書館跡地はB街区で地上21階、高さ約100mとなる住宅棟が建設されます。

(仮称)竹芝地区開発計画と芝離宮恩賜庭園
 広角で撮影。この写真には写っていませんが写真下には浜松町駅があり、浜松町駅と「(仮称)竹芝地区開発計画」の間は「旧芝離宮恩賜庭園」です。

歩行者デッキ工事
 その「旧芝離宮恩賜庭園」の隣の道路で工事をしていますが、ここにはJR浜松町駅から「(仮称)竹芝地区開発計画」を経由してゆりかもめ竹芝駅まで繋がる歩行者デッキが整備されます。

歩行者デッキ工事
 地上からその歩行者デッキ工事を撮影。工期は2020年6月30日までとなっており、「(仮称)竹芝地区開発計画」はこの歩行者デッキ工事を含めた開発となります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」の建設地を地上から撮影。超高層部はこの敷地の手前側となります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 反対側から撮影。こちら側はスキップテラスと呼ばれる段差のある低層部となります。最後に載せる完成予想図を見るとどのような感じかはわかるかと思います。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 敷地内の都産貿跡地です。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 まだ既存建物の一部が残っていました。

IMG_1721_(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 ゆりかもめ竹芝駅の改札フロアから撮影。今だけ視界が開けています。

東京都公文書館跡地
 竹芝駅前の東京都公文書館跡地です。資材加工ヤードや作業員休憩所として利用されていましたが何やら建てていました。

東京都公文書館跡地
 これはモックアップですかね。

東京都公文書館跡地
 近うちにまた様子を見に行けたらと思います。

(仮称)竹芝地区開発計画 完成予想図
(仮称)竹芝地区開発計画 完成予想図[出典:内閣府]

■(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事の物件概要■
計画名:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、駐車場
階数:地上39階、地下2階
高さ:210m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.66
建築面積:9,567.39
延床面積:179,937.29
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定