ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 八丁堀駅近くの八重洲通り沿いで建設中の「ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニューBrillia THE TOWER TOKYO YAESU AVENUE)」(地上30階、高さ99.985m)です。撮影時点で26階あたりまで建設が進んでいました。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 近くから同じ方向で撮影。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 すぐ近くを流れる亀島川越しに撮影。

(仮称)PMO新川二丁目新築工事
 手前の工事現場は野村不動産の「(仮称)PMO新川二丁目新築工事」で地上9階、高さ38mのオフィスビルが建設されます。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 南側から撮影。

IMG_1250_ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 新川二丁目交差点から撮影。黄色のマンション「八丁堀東豊エステート」(地上11階)は前よりは目立たなくなりました。ちなみにこの「八丁堀東豊エステート」と「ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー」の間には道路があります。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 八重洲通り沿いから撮影。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 一気に場所を変えて「パークシティ中央湊 ザ タワー」(地上36階、最高高さ128.96m)と「シティタワー銀座東」(地上22階、最高高さ76.00m)の建設地の間の道路から撮影。それほど高さがあるタワーマンションではありませんが、色々な場所から見えるようになっていそうです。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 江戸川区の自宅タワーマンションから撮影。写真中央が「ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー」です。右後ろで建設中の超高層ビルは日比谷公園前の「(仮称)新日比谷プロジェクト」(地上35階、高さ191.46m)です。

■ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニューの概要■
名称:ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
計画名:(仮称)中央区新川2丁目計画
所在地:東京都中央区新川2丁目3番1
用途:共同住宅
総戸数:387戸
階数:地上30階、地下1階(30階部分は階段室・ELV機械室)
高さ:99.985m
敷地面積:3,011.97
建築面積:1,525.12
延床面積:38,452.06
構造:鉄筋コンクリート造、直接基礎免震
基礎工法:直接基礎
建築主:東京建物、三菱地所レジデンス
設計者:三井住友建設
施工者:三井住友建設
工期:2014年12月上旬着工〜2017年10月上旬竣工予定
入居:2017年11月下旬予定