(仮称)丸の内3-2計画
 「東京商工会議所ビル」(地上8階)、「東京會舘ビル」(地上12階)、「富士ビル」(地上10階)の建て替え「(仮称)丸の内3-2計画」(地上30階、最高高さ150m)です。地上部の鉄骨が組まれてはじめました。

(仮称)丸の内3-2計画
 左の「明治安田生命ビル」(地上30階、高さ146.8m)と同じようにセットバックしたデザインとなります。今はその部分の鉄骨を組んでいるようです。

(仮称)丸の内3-2計画
 少し離れた場所から撮影。

(仮称)丸の内3-2計画
 超高層空白地帯がどんどん超高層化しています。右端で建設中のビルは日比谷公園前の「(仮称)新日比谷プロジェクト」(地上35階、高さ191.46m)です。超高層化できそうな場所はまだまだあるので今後も超高層化は進むかと思います。

(仮称)丸の内3-2計画 完成予想図
仮称)丸の内3-2計画の完成予想図[出典:三菱地所・東京商工会議所・東京會舘]

 低層部は三菱地所・東京商工会議所・東京會舘による区分所有となり、三菱地所による丸の内仲通り路面店舗を中心とした店舗、東京商工会議所による貸会議室、賃貸オフィス、東商事務所、東京會舘によるバンケットが配置され、高層部は三菱地所と東京會舘が共有する賃貸オフィスとなります。

■(仮称)丸の内3-2計画の物件概要■
計画名:(仮称)丸の内3-2計画
所在地:東京都千代田区丸の内3丁目10番地
用途:事務所、商業施設、宴会場、会議場、駐車場
階数:地上30階、塔屋2甲斐、地下4階
高さ:140m(最高高さ150m)
構造:地上:鉄骨造 地下:鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:9,935.02
建築面積:8,355.06
延床面積:173,190.18
建築主:三菱地所、東京商工会議所、東京會舘
設計者:三菱地所設計
施工者:大成建設
工期:2015年11月着工〜2018年10月中旬竣工予定