ブランズタワーみなとみらい

ブランズタワーみなとみらい
 東急不動産のフラッグシップ・プロジェクトと位置付けられた分譲マンション「ブランズタワーみなとみらい」(地上29階、高さ99.70m)です。

ブランズタワーみなとみらい
 これは2017年元旦の撮影ですが外観に関しては見た感じ完成しているように見えました。計画では今月下旬竣工予定です。

ブランズタワーみなとみらい
 低層部も周辺の植栽も完成しているように見えました。

ブランズタワーみなとみらい
 横浜ランドマークタワーの展望台から最上部にズームです。共用施設の一つの屋上スカイデッキが角にあるのもわかります。27階にはビューラウンジが設けられます。

ブランズタワーみなとみらい
 広角で撮影。横浜ランドマークタワーからは高層部のみ見えます。隣で建設中のビルは「(仮称)MM21-32街区 オフィス計画」(地上15階、最高高さ83m)で、背後の白い屋根の大きな建物は「パシフィコ横浜」です。

■ブランズタワーみなとみらいの概要■
名称:ブランズタワーみなとみらい
計画名称:(仮称)みなとみらい21 32街区プロジェクト(住宅棟)
地名地番:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目7番2
用途:共同住宅
総戸数:228戸(非分譲住戸30戸含む)
階数:地上29階、地下1階
高さ:99.70m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:3,025.00
建築面積:1,500.00
延床面積:26,448.45
建築主:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2014年10月1日着工〜2017年1月下旬竣工予定
入居:2017年2月下旬予定


(仮称)MM21-32街区 オフィス計画

(仮称)MM21-32街区 オフィス計画
 「ブランズタワーみなとみらい」の隣で建設中の「(仮称)MM21-32街区 オフィス計画」(地上15階、最高高さ83m)です。

(仮称)MM21-32街区 オフィス計画
 同じ東急不動産のプロジェクトということもありタワーマンション側には窓はほぼありません。

■(仮称)MM21-32街区 オフィス計画の概要■
計画名称:(仮称)MM21-32街区 オフィス計画
地名地番:横浜市西区みなとみらい3丁目7番2
用途:事務所・店舗・駐車場・保育所
階数:地上15階、塔屋1階(駐車場棟:地上6階)
高さ:78m(最高部の高さ83m)
敷地面積:7,058.34
建築面積:5,100
延床面積:55,600
構造:鉄骨造
建築主:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年10月15日着工〜2017年7月31日竣工予定