六本木ヒルズから見た赤坂インターシティ AIR
 六本木ヒルズの展望台からの眺めです。この中で中央で建設中の超高層ビルが「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)です。見た感じでは既に上棟しているようでした。

赤坂インターシティ AIR
 地上に降りて溜池交差点から撮影。六本木ヒルズから見ると細いビルに見えますが、こうして場所を変えてみるとかなり大きな超高層ビルということがわかります。

赤坂インターシティ AIR
 平面図で見ると四角ではなく斜めになっている部分があるので、こういった角度から見ると板状の超高層ビルに見えます。

赤坂インターシティ AIR
 さらに近くから撮影。このビルの足元に溜池山王駅へと続く地下通路の出入口が整備されます。

赤坂インターシティ AIR
 反対側から撮影。ビルの一部は住宅棟となっています。

赤坂インターシティ AIR
 汐見坂から撮影。道路の先にそびえ立つ超高層ビルという個人的に好きな景色です。

赤坂インターシティ AIR
 高層部にズームです。外壁やガラスカーテンウォールの取り付けがもうすぐ終わりそうです。

赤坂インターシティ AIR
 敷地内では低層棟の建設も進んでいました。

赤坂インターシティ AIR
 現地看板を撮影した低層棟などの完成予想図です。

赤坂インターシティ AIR
 都心でありながら緑と水がある空間となります。

赤坂インターシティ AIR
 これはオフィスのロビーですかね。これだけ緑があると気持ちの良さそうです。

赤坂インターシティ AIR 緑地詳細図
 緑地詳細図です。このような配置となります。

赤坂インターシティ AIR 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年4月30日竣工予定