(仮称)丸の内1-3計画
 地上29階、塔屋2階、地下4階、最高高さ約150mのタワー棟と、地上8階、塔屋1階、地下4階、高さ約55mのアネックス棟が計画されている「(仮称)丸の内1-3計画」方面の眺めです。3棟のビルの建て替えでこれから既存ビルの解体工事が行われます。

銀行会館
 その解体される既存ビルの一つの「銀行会館」(地上8階、地下4階、1965年竣工)です。

銀行会館
 撮影した12月17日時点ではまだ解体工事は始まっていませんでしたが、解体工事のお知らせが掲示されていました。

銀行会館 解体工事のお知らせ
 2016年12月19日から2017年6月30日までの工期で解体工事が行われます。解体を行う施工業者は大林・大成・清水建設共同企業体となっています。


東京銀行協会ビル
 こちらの「東京銀行協会ビル」(地上20階、地下4階、最高高さ88.2m、1993年9月竣工)も「(仮称)丸の内1-3計画」の計画地になっているので解体されます。


みずほ銀行前本店ビル(旧日本興業銀行本店)
 一足先に解体工事が始まっている「みずほ銀行前本店ビル(旧日本興業銀行本店)」(地上15階、高さ69m、1974年竣工)です。こちらも「(仮称)丸の内1-3計画」の計画地に含まれています。

みずほ銀行前本店ビル(旧日本興業銀行本店)
 村野藤吾作品でしたがもう解体用の足場に覆われてビル本体を見ることはできません。

みずほ銀行前本店ビル 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。こちらも大林・大成・清水 建設共同企業体によって解体が行われています。再開発ビルの施工者は見ていですが、このまま大林・大成・清水 建設共同企業体が施工を行うものと思われます。