西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 完成予想図
西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 完成予想図[出典:東京都]

 昨日、2016年12月6日に東京都は東京都は、密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律第136条第1項の規定に基づき、西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合の設立について認可したと発表がありました。

 同街区は木密地域不燃化10年プロジェクトの不燃化特区「西新宿五丁目地区」内に位置し、公園等の防災都市施設と土地の高度利用による複合施設の整備を防災街区整備事業として行うことにより、木造密集市街地の防災性の向上を図るとのことです。事業名は「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」で総事業費は約793億円となっています。また、過去の報道では参加組合員は住友不動産となっています。

▼東京都:報道発表資料(2016年12月6日)
西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合の設立認可について


西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 断面図
西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 断面図[出典:東京都]

 同街区の規模はA地区が地上43階、地下2階、高さ約160mで低層部が店舗と事務所となり、10階以上が住宅フロアとなります。隣のB地区は地上39階、地下2階、高さ約147mで1、2階が店舗、保育所となり3階以上が住宅フロアとなります。延べ床面積は2棟で約144,640屬箸覆蠅泙后


西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 配置図
西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 配置図[出典:東京都]

 同街区は青梅街道と十二社通り、そして神田川に囲まれた場所でA地区からD地区まで分かれています。C地区は個別利用区となっているので地権者が小さなビルを複数建てるのかもしれませんが、D地区に公園も整備され、全体的には空地の多いゆとりある配置となっています。


西新宿五丁目の空撮
 2010年5月のかなり古い空撮で既に建っているタワマンがなかったりしますが西新宿五丁目の空撮です。「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」は「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)の北側に位置しています。また、赤色を付けた「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」でも43階建てのタワーマンションが計画されています。

 この空撮には場所を書き込んでいませんが他にも「(仮称)西新宿六丁目計画」(地上33階、高さ160m)、「西新宿六丁目計画(仮称)」(地上29階、高さ131.70m)が計画されています。西新宿の超高層化はまだまだ止まりません。

西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
 これまた古い約2年前に撮影した「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の計画地です。

西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
 神田川沿いから撮影しました。

西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
 古い団地のような建物は印刷局淀橋宿舎です。このあたりも計画地となっています。

西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
 十二社通り沿いから撮影。手前はC地区となります。

西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
 地上39階、地下2階、高さ約147mとなるB地区あたりです。

西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
 地上43階、地下2階、高さ約160mとなるA地区あたりです。

■西新宿五丁目北地区防災街区整備事業の物件概要■
事業名:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
所在地:東京都新宿区西新宿5丁目
用途:住宅、事務所、店舗、保育所等、駐車場
階数(A地区):地上43階、地下2階
高さ(A地区):約160m
階数(B地区):地上39階、地下2階
高さ(B地区):約147m
敷地面積:約2.4ha
延床面積:約14,640
事業者:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
工期:2018年8月着工〜2020年11月竣工予定