解体中の渋谷パルコ
 2016年8月7日の最終営業日から一時休業中の渋谷パルコ(パート1、パート3)です。現在は「宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業(渋谷パルコパート1他解体計画」として2016年8月23日〜2018年11月30日の解体工期で竹中工務店によって解体が行われています。

解体中の渋谷パルコ
 これは11月23日撮影の解体中の渋谷パルコです。解体後の跡地には地上19階、高さ100mの店舗、事務所、劇場などからなる複合ビルが建設されます。

解体中の渋谷パルコ
 塔屋のPARCOの文字はまだ見えましたが、もうすぐ足場で囲われて見えなくなりそうです。

解体中の渋谷パルコ
 渋谷パルコはパート1とパート3がありますがこれはパート1の方です。パート2は耐震不足から2007年末に休業したまま解体されています。

解体中の渋谷パルコ
 後ろの白いビルが渋谷パルコパート3です。

解体中の渋谷パルコ
 パート1とパート3を結ぶ連結通路にも足場が組まれていました。

宇田川町14・15番地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 そして現地には建築計画のお知らせが設置されました。今までの情報だと地上20階、高さ約110m、延べ面積約65,000屬任靴燭地上19階、高さ100m、延べ面積64,000屬1フロアだけ縮小されています。

宇田川町15地区開発計画(渋谷パルコ建替え計画)
渋谷パルコ建替え完成イメージ図[出典:パルコ]

 個人的な予想ですがオフィスフロアが1フロア減っただけでこの完成予想図と大差はないかと思います。ただ、新たな情報が出るから建設が進むまでは実際はどうなのかはわかりませんね。

■宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業(渋谷パルコ建替え計画)の物件概要■
計画名:宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区宇田川町
用途:店舗、事務所、劇場等、集会場、展示場
階数:地上19階、塔屋1階、地下3階
高さ:100m
敷地面積:5,385.95
建築面積:4,700
延床面積:64,000
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、コンクリート充填鋼管構造、鉄骨造
基礎工法:直接基礎
建築主:パルコ
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2017年5月1日着工〜2019年10月31日竣工予定