三田三・四丁目地区 完成予想図
三田三・四丁目地区 完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 田町駅から品川駅方面に少し行くと東京タワーがキレイに見える歩道橋のある辻の札交差点がありますが、その隣接地の「三田三・四丁目地区」の概要が本日の日刊建設工業新聞に掲載されました。記事によると地上42階、地下3階、高さ約215m、約19万6500屬猟狭眩慂9腑咼襪鮹羶瓦箸靴4棟合計22万3700屬鮨契澆垢襪箸里海箸任后事業者は「三田三・四丁目地区市街地再開発準備組合」で事業協力者として住友不動産と大林組が参画しています。

▼日刊建設工業新聞:2016年11月21日
三田三・四丁目地区再開発(東京都港区)/超高層複合ビルなど4棟配置/準備組合

三田三・四丁目地区 位置図
三田三・四丁目地区 完成予想図[出典:住友不動産]

 これは近くの「住友不動産三田ビル」竣工時のニュースリリースに掲載されていた位置図で、赤い点線が囲まれた部分が「三田三・四丁目地区」です。そのうち左下部分は高層階が高級賃貸マンションの「ラ・トゥール三田」となっている「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)です。これ以外の部分が今回の再開発部分で、交差点に面した約3ヘクタールをA地区、左の西側が約1ヘクタールをB地区とし、A地区にはメインの超高層複合ビルを含む事務所、文化・交流施設、商業・生活支援施設、B地区は住宅中心となります。

 A地区の南側に高さ約215mの超高層複合ビルは、北側に地上5階、地下1階、高さ約35m、延べ約7000屬諒9腑咼襪建設されます。そしてB地区の南側に地上9階、地下1階、高さ約40m、延べ約2万100屐∨迷Δ肪肋4階、地下2階、高さ約15m、延べ約600屬僚斬霄臑里離咼襪建設されます。


三田三・四丁目地区の空撮
 2010年5月1日の「三田三・四丁目地区」の空撮です。この頃は交差点に面した部分が更地になっているくらいでした。

三田三・四丁目地区
 こちらは2016年1月10日に撮影した現地です。更地の範囲が増えてニッポンレンタカーが使用していました。また、背後の高台のマンションも計画地に含まれています。

三田三・四丁目地区方面の空撮
 こちらは2016年10月15日の「三田三・四丁目地区」方面の空撮です。計画地の左側が「三田ベルジュビル」(地上33階、最高高さ165m)で、それよりも50m高い高さ約215mの超高層ビルが建設されます。ちなみにこの辺りは羽田空港があるため高さ制限があり、羽田空港高さ制限回答システムだと計画地は高さ187m前後ですが国家戦略特区のため特例承認ということなんですかね。

 今後のスケジュールとしては国家戦略特区の対象事業として2017年度の都市計画決定を予定、同年度に組合設立、2018年度に権利変換計画認可と着工、2023年度の完成を目指します。

■三田三・四丁目地区の物件概要■
計画名称:三田三・四丁目地区
所在地:東京都港区三田三丁目・四丁目
用途:事務所、文化・交流施設、商業・生活支援施設、共同住宅
階数:42階、地下3階
高さ:約215m
区域面積:約4.0ha
建築主:三田三・四丁目地区市街地再開発準備組合
事業協力者:住友不動産、大林組
工期:2018年度着工〜2023年度竣工予定