赤坂インターシティ AIRの空撮
 赤坂一丁目で建設中の超高層ビル「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)の空撮です。1フロアの大きさも高さもあるかなり大きな超高層ビルです。目視で37階まで建設が進んでいるようでした。上棟までもう少しです。

 「赤坂インターシティ AIR」の足元左下にある10階建てくらいのビルがアメリカ大使館で、その左のL字型の建物がアメリカ大使館公邸です。本来は撮影禁止のビルですがグーグルにも載っているので問題ないでしょう(笑)

赤坂インターシティ AIR
 汐見坂から撮影。ビルの低層部の黒っぽい部分は住宅棟部分です。

赤坂インターシティ AIR
 ホテルオークラ東京の建替え現場越しに撮影。隣の黄色のビルは「赤坂インターシティ」です。

赤坂インターシティ AIR
 目の前から撮影。この角地に溜池山王駅直結の出入口ができます。

赤坂インターシティ AIR
 ちょっとだけ離れて「赤坂ツインタワー」跡地のコインパーキングから撮影。

赤坂インターシティ AIR
 溜池交差点から撮影。首都高や電線が邪魔ですが全景を斜めからキレイに撮るにはここが一番良いスポットかと思っています。

赤坂方面の超高層ビル群の空撮
 最後に最初とは反対側からの空撮です。中央やや左のタワークレーン3基で建設中のビルが「赤坂インターシティ AIR」です。

 左下の洋館は迎賓館で広大な緑地は赤坂御用地です。

■赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年4月30日竣工予定