(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟の空撮
 渋谷で建設中の「(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟」(地上36階、最高高さ179.95m)の空撮です。一目で東急建設とわかるグリーンのマストのタワークレーンの2基目が設置されていました。施工は渋谷駅南街区プロジェクト新築工事共同企業体で東急建設と大林組です。

渋谷駅周辺の空撮
 建設地はその名の通り渋谷駅の南側で、JRの線路と渋谷川に挟まれた東横線高架跡地です。

 現在の渋谷駅前は「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)がシンボルタワーのようにそびえ立っていますが、それと同じくらいの高さの超高層ビルが建設されます。フロア構成は低層階がホールや商業施設、中層階が約200室のホテル、高層階がオフィスフロアとなります。

(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
 空撮の翌日、10月16日に現地から撮影した「(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟」です。

(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
 作業予定では躯体工事、掘削工事、仮設工事となっていました。

(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟

(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
 渋谷川を渡った左側はD棟として通路等が整備されます。

渋谷駅周辺の空撮
 せっかくなので空撮をもう1枚。渋谷駅周辺では大規模な再開発が進行中、計画中です。渋谷駅とヒカリエの間では「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」(地上47階、高さ229.705m)が建設中で、それら渋谷駅周辺の再開発が終わる頃には渋谷には新たな超高層ビル群が出現しています。

(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
 現地看板を撮影した完成予想図です。形は普通の箱ビルですが特徴的な外観となります。

(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟の物件概要■
計画名:(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
所在地:東京都渋谷区渋谷3丁目49-1ほか
用途:事務所、ホテル、店舗等
階数:地上36階、地下4階
高さ:179.95m(最高高さ179.95m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,774.52
建築面積:4,304.11
延床面積:108,778.50
建築主:東京急行電鉄
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:渋谷駅南街区プロジェクト新築工事共同企業体(東急建設・大林組)
工期:2015年8月上旬着工〜2018年7月末日竣工予定