東池袋四丁目2番街区再開発
東池袋四丁目2番街区再開発 完成予想図[出典:建設通信新聞]

 本日の建設通信新聞に東池袋四丁目2番街区市街地再開発準備組合が「東池袋四丁目2番街区第一種市街地再開発事業」の都市計画原案をまとめたと掲載されました。再開発施設の規模は地上35階、地下2階、高さ約125m、延べ約2万8910屬如∋楡濆柔は低層階に店舗、子育て支援施設、クリニックなどとし、4階〜35階が約230戸の共同住宅となる計画です。

 今後のスケジュールとしては2017年3月の都市計画審議会で付議し都市計画決定を目指します。着工は2019年度、竣工は2021年度を予定しています。準備組合の事務局支援者として前田建設と野村不動産、コンサルタントとして日建設計が参画しています。

▼建設通信新聞:2016年10月4日
3月にも都計決定/延べ2.9万 高さ125m/東池袋四丁目2番街区再開発準備組合


東池袋四丁目2番街区再開発 断面構成図
東池袋四丁目2番街区再開発 断面構成図[出典:豊島区]

 こちらは豊島区が発行している東池袋地区・補助第81号線沿道まちづくり 東京都・豊島区からのお知らせに掲載されている断面構成図です。この図によると有楽町線の東池袋駅と地下通路で直結となるようです。


東池袋四丁目2番街区再開発 配置図
東池袋四丁目2番街区再開発 配置図[出典:豊島区]

 配置図です。右下の補助81号線は都電荒川線の両側に車道も整備する計画の道路です。計画地のすぐ隣がその都電荒川線の東池袋四丁目駅です。


東池袋四丁目2番街区再開発の建設地の空撮
 少し古いですが約2年半前の池袋の超高層ビル群の空撮です。写真右側に矢印と名称を入れたあたりが「東池袋四丁目2番街区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

東池袋四丁目2番街区再開発
 今年8月に撮影した「東池袋四丁目2番街区第一種市街地再開発事業」の計画地です。正確な敷地範囲はわかりませんがパーキングなどがあるあたり一帯が計画地かと思います。

東池袋四丁目2番街区再開発
 手前の高層マンションの右側からが計画地かと思います。また背後のタワーマンションは左から「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)、「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)です。これらタワーマンションよりは低いですが、サンシャイン60に向けて凸型のタワーマンション配置となってなかなか良いスカイラインになりそうです。

東池袋四丁目2番街区再開発
 せっかくなので都電荒川線です。この左側が同再開発の計画地です。

東池袋四丁目2番街区再開発
東池袋四丁目2番街区再開発 完成予想図[出典:豊島区]

 もう一つ完成予想図です。最初の完成予想図とはデザインが多少異なりますが、最終的にどのようなデザインになるんでしょうね。

■東池袋四丁目2番街区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名:東池袋四丁目2番街区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋4丁目2
用途:共同住宅、店舗、事務所等、駐車場、駐輪場
総戸数:約230戸
階数:地上35階、地下2階
高さ:約125m
構造:RC造
敷地面積:約3,420
建築面積:約2,660
延床面積:約28,910
建築主:東池袋四丁目2番街区市街地再開発準備組合
事務局支援者:前田建設、野村不動産
コンサルタント:日建設計
工期:2019年度着工〜2021年度竣工予定