明神プロジェクト
 神田明神と秋葉原の電気街の間で建設中の「明神プロジェクト」(地上17階、高さ59.52m)です。最上階まで達しており一部外観も見えるようになってきました。

明神プロジェクト
 当初の建築主は三井不動産のアコモデーション事業本部で、そこから賃貸住宅事業部となり、そして最後は三井不動産レジデンシャルとなりました。三井不動産レジデンシャルとなったので分譲マンション!?とも思いましたが、仮囲いに「Park Axis」の文字があるので賃貸マンションになるものと思われます。

 こちらは南向きの部屋となりますが、ベランダ隔壁を見る限りでは広い部屋しかないようです。

明神プロジェクト
 こちらは北向きの部屋ですが、こちらは狭い部屋が用意されているようです。つまり狭くて家賃も安い部屋は北側に用意され、その他は高い部屋となりそうです。この辺りの家賃相場はわかりませんが狭い部屋以外はそれなりの額となりそうです。ちなみに南側には湯島聖堂があり視界が開けています。

■明神プロジェクトの物件概要■
計画名:明神プロジェクト
所在地:東京都文京区湯島1丁目8番1他(地番)、東京都千代田区外神田2丁目69番9他(地番)
用途:共同住宅、事務所
総戸数:138戸(内ワンルームマンション形式の住戸60戸)
階数:地上17階、地下0階
高さ:59.52m
構造:RC造
敷地面積:1,511.45
建築面積:677.22
延床面積:8,116.46
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:前田建設工業
施工者:前田建設工業
工期:2015年3月16日着工〜2017年5月31日竣工予定