大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事業
大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事 完成予想図[出典:東京都]

 大井町駅から西側へ行った場所で計画されてる「大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事」です。地権者でもある住友不動産が参加組合員として参画している再開発事業で、地上29階、最高高さ104.15m、総戸数約650戸のタワーマンションとなります。


大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事業
大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事」の計画地です。現地では既存建物の解体工事が行われており、中央にまだ2棟の建物がありますがこれも解体されることとなっています。背後の緑色の「住友不動産大井町駅前ビル」(地上14階)は大井一丁目北地区にあたる場所で平成14年9月に竣工しています。ちなみに9〜12階は賃貸マンションの「大井町ハイツ」となっています。

大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事業
 敷地南側から撮影。仮囲いで中があまり見えませんがかなりの数の既存建物が解体されていることがわかります。

大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事業 配置図
大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事 配置図[出典:東京都]

 現地1枚目はこの図の左下の方から撮影しています。


大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。解体工期が10月31日までとなっているので残りの既存建物もそれまでには姿を消すこととなります。それにしても計69棟ということなので地権者住宅がかなりの戸数となりそうです。

大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。解体工事が終わるちょっと前の10月11日に着工予定となっています。

■大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名称:大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都品川区大井一丁目3586番2他(地番)
用途:共同住宅、生活支援施設、事務所、駐車場、駐輪場、バイク置場
総戸数:約650戸
階数:地上29階、塔屋1階、地下1階
高さ:98.10m(最高104.15m)
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:6,250
建築面積:2,800
延床面積:60,630
建築主:大井一丁目南第1地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者:日建設計
施工者:未定
工期:2016年10月11日着工〜2019年8月末日竣工予定