大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上35階、最高高さ182m)にタワークレーン4基が設置されました。以前は「逓信ビル(逓信総合博物館ていぱーく)」が建っていた場所で、高層階はNTTグループ所有、低層、中層階は郵政グループ所有となります。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 1枚目の写真だと重なっていましたがタワークレーンは4基です。一目で竹中工務店とわかるマストがシルバーのタワークレーンです。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 角度を変えてもう1枚。タワークレーンが多い現場は迫力があって好きです。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 JRの高架下からさらにもう1枚。今はこうして見えていますが、隣にB棟が建設されるのでここからA棟は見えなくなります。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 角地から撮影。右側のタワークレーンが「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟」(地上32階、高さ約163m)です。5〜31階の所有者は国となりますが、テナント選定後に売却する方針となっています。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
 B棟はタワークレーンは1基しかありませんが、これからさらに追加されるものと思われます。B棟は大林組の施工です。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
 ゲートが開いていたので中を撮影。タワークレーンの周辺は鉄骨が組まれていました。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
 A棟とB棟の間にも鉄骨が組まれていました。こちらはクレーンを載せたりする作業台か何かかと思います。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
 日本橋側から撮影。タワークレーンが重なりあって見える光景はいいですね。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
 現地看板を撮影した完成予想図です。低層部が特徴的ですが、オフィスフロア部は普通のガラスカーテンウォールの超高層ビルとなります。

■大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の概要■
計画名:大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都千代田区大手町二丁目1番17から34
用途:事務所、店舗、駐車場等
工期:2015年5月15日着工〜2018年7月15日竣工予定

▼A棟
階数:地上35階、塔屋1階、地下3階
高さ:約178m(※ 建築計画では高さ179.00m、最高182.00m)
構造:(地上)S造、(地下)SRC造、RC造、S造
敷地面積:19,898.68
建築面積:13,929.00
延床面積:約202,000
建築主:エヌ・ティ・ティ都市開発
設計者:日本設計
施工者:竹中工務店

▼B棟
階数:地上32階、塔屋1階、地下3階
高さ:約163m
構造:(地上)S造、(地下)SRC造、RC造、S造
敷地面積:19,898.68
建築面積:13,929.00
延床面積:約152,000
建築主:独立行政法人都市再生機構
設計者:大林組
施工者:大林組