四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 既存ビルの解体工事が行われている「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上31階、高さ144.68m)の建設地予定地方面です。四谷駅前から撮影しました

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 こうして同時に解体工事が行われいる現場もなかなか見られない光景で個人的には好きです。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 計画地の一番西側です。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 敷地内を覗いてみました。計画地は旧四谷第三小学校の跡地も含むこともあり解体工事が行われているのは敷地全体だと一部です。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 バリバリ解体していました。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 解体工期は9月30日までとなっています。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 外苑通りから撮影。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 メインとなるタワー棟はこの辺りの一番四ツ谷駅に近い場所に建設されます。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
 少し離れた場所から撮影。計画地はかなり広いことがわかるかと思います。ツインタワーとか余裕で建てられるくらいの広さはりますが、業務棟タワー棟とそれに一体化した7階くらいの低層棟、そして広場が整備されます。

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業
四谷駅前地区第一種市街地再開発事業の完成イメージパース[出典:UR都市機構]

■(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物の概要■
計画名称:(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都新宿区本塩町1-1外
用途:事務所、店舗、共同住宅、集会場、駐車場
総戸数:100戸(低層棟)
階数:地上31階、塔屋1階、地下3階
高さ:144.68m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
敷地面積:17,931.82
建築面積:10,200.00
延床面積:139,400.00
建築主:独立行政法人都市再生機構
事業パートナー:三菱地所・第5メック都市開発特定目的会社
基本設計:日本設計・三菱地所設計
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年8月初旬竣工着工〜2019年10月下旬竣工予定