(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画
 御堂筋線中津駅のすぐ上の「(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画」(地上50階、高さ168m)の建設地です。現在は「ラマダホテル大阪」の解体工事中で、跡地には東急不動産と住友商事による総戸数653戸の分譲のタワーマンションが建設されます。

(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画
 建設地は横長の大きな敷地です。

(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画
 撮影時はまだ「ラマダホテル大阪」の解体工事中でまだ地上部がギリギリ見えました。

(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画
 道路を挟んだ隣には「ザ・セントラルマークタワー」(地上37階、高さ122.5m)があり、この写真の左側では昨日のブログに載せた「ザ・ファインタワー 梅田豊崎」(地上45階、高さ159m)が建設されます。中津駅前にタワーマンションが3棟密集することとなります。

中津方面の超高層ビル群
 これは阪急32番街の28階にあるとんかつ屋さんから撮影した中津駅方面の超高層ビル群です。中央の塔屋が円形になっているビルが「ピアスタワー」(地上28階、高さ132m)で、その背後にこれよりも大きなタワーマンション建設されます。右側の超高層ビルは「アプローズタワー」(地上34階、最高高さ161.1m)で、「(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画」はそれよりも高くなるのでかなりの大きさとなりそうです。

(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画 建築計画のお知らせ
 「(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画」の建築計画のお知らせです。施工者の記載がありませんが、設計者と同じく大林組になるかと思います。

(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画 南立面図
 南立面図です。幅が約63mもあるかなり巨大なタワーマンションとなります。

(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画 配置図
 配置図です。敷地左下あたりには中津駅への出入り口がありますが、この図からすると駅直結となるんですかね?イマイチよくわかりませんが、中津駅までは徒歩1分で梅田駅も徒歩圏という立地です。

 中津駅前では一番南側に位置する「(仮称)梅田豊崎 超高層免震タワープロジェクト」、中津駅前では最高層となる「(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画」、どちらも分譲マンションですが人気があるのはどっちなんでしょうね?

■(仮称)大阪市北区豊崎3丁目新築工事計画の物件概要■
計画名称:(仮称)大阪市北区豊崎3丁目新築工事計画
所在地:大阪府大阪市北区豊崎三丁目21番1他
用途:共同住宅(分譲)
総戸数:653戸
階数:地上50階、塔屋2階、地下1階
高さ:168m
構造:RC造
敷地面積:5,154.75m2
建築面積:2,424.22
延床面積:68,111.54
建築主:東急不動産、住友商事
設計者:大林組
施工者:未定
工期:2016年7月初旬着工〜2020年3月下旬竣工予定