ベイズ タワー&ガーデン(BAYZ TOWER & GARDEN)
 豊洲で建設中の「ベイズ タワー&ガーデン(BAYZ TOWER & GARDEN)」(地上31階、最高高さ110.0m)です。タワークレーンは撤去され、そして低層部からネットが外され外観がキレイに見えるようになってきました。外観完成まであともう少しです。

ベイズ タワー&ガーデン(BAYZ TOWER & GARDEN)
 近づいてみるとBAYZの建物外周の工事が始まっていました。こういったところの工事は建設工事の終盤です。

ベイズ タワー&ガーデン(BAYZ TOWER & GARDEN)
 近くから見上げてみました。2方向が東雲運河と東電堀と水辺となっており遊歩道も整備されています。

ベイズ タワー&ガーデン(BAYZ TOWER & GARDEN)
 SKYZの目の前から新豊洲駅まで続くペデストリアンデッキから撮影。

ベイズ タワー&ガーデン(BAYZ TOWER & GARDEN)
 高層部にズームです。屋上には共用施設としてスカイデッキが設置されます。他にもビューラウンジなども設置され、さらに隣のSKYZと共用施設を相互利用することもできます。

BAYZと船揚場
 場所を変えてもう1枚。東電堀で工事を行っていました。

水陸両用車用の船揚場
 工事内容は船揚場の建設工事で2016年8月31日までの工期です。

水陸両用車用の船揚場
 工事内容の詳細です。水陸両用車の船揚場(スロープ)となります。

BAYZと船揚場
 写真右にスロープがありますが、改めて見てみるとそこそこ大きなスロープで水陸両用車なら通れそうな感じでした。運行はいつからかはわかりませんが、船揚場の整備が終わればすぐにでも使えそうです。豊洲で水陸両用車を見かける日はそう遠くはなさそうですね。

■BAYZ TOWER & GARDENの物件概要■
名称:BAYZ TOWER & GARDEN(ベイズ タワー&ガーデン)
計画名:(仮称)豊洲3-2街区計画B2街区新築工事
所在地:東京都江東区豊洲六丁目10番9(仮換地地番)
総戸数:550戸
階数:地上31階、地下1階
高さ:103.3m(最高部高さ110.0m)
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、免制震複合システム「スイングセーバー」
基礎工法:杭基礎
敷地面積:11,094.98
建築面積:3,305.00
延床面積:66,156.13
建築主(建物売主):東京建物、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、東急不動産、住友不動産、野村不動産
土地売主:東京電力
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2013年7月1日着工〜2016年7月下旬竣工予定
入居:2016年10月下旬予定