(仮称)新日比谷プロジェクト
 日比谷で建設中の「(仮称)新日比谷プロジェクト」(地上35階、高さ191.46m)です。

 日比谷駅直結となる大規模再開発で、低層階はこの場所に建っていた「三信ビルディング」をモチーフにしたデザインとなり、商業施設や11スクリーンの「(仮称)TOHOシネマズ日比谷」などとなります。中高層階はオフィスフロアとなります。

(仮称)新日比谷プロジェクト
 日比谷通り沿いから撮影した「(仮称)新日比谷プロジェクト」です。8階まで鉄骨が組まれているようでした。

(仮称)新日比谷プロジェクト
 少し移動して撮影。超高層オフィスビルとなるのは左側です。6階部分には日比谷公園を望める「(仮称)日比谷テラス」が整備されます。

(仮称)新日比谷プロジェクト
 もう少し内幸町側に移動した場所から撮影。

(仮称)新日比谷プロジェクト
 日比谷公園内から撮影。右端のビルは「東京宝塚ビル」(地上19階、高さ118.85m)です。これよりも遥かに高い超高層ビルとなります。

(仮称)新日比谷プロジェクト
 日比谷公園の南西角にある西幸門前交差点から撮影。今はタワークレーンしか見えませんがもうすぐ鉄骨も見えてきそうです。この辺りでは圧倒的高さとなる超高層ビルなのでランドマーク的存在となります。

(仮称)新日比谷プロジェクト
(仮称)新日比谷プロジェクトの完成予想図[出典:三井不動産]

■(仮称)新日比谷プロジェクトの物件概要■
名称:(仮称)新日比谷プロジェクト
所在地:東京都千代田区有楽町1丁目12番1、10番(仮換地中につき従前地番を記載)
用途:事務所、店舗、文化交流施設、産業支援施設、駐車場 等
階数:地上35階、塔屋1階、地下4階
高さ:191.46m
構造:鉄骨造(一部 鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:杭基礎と直接基礎の併用基礎
敷地面積:10,702.32
建築面積:8,690.23
延床面積:188,619.98
建築主:三井不動産
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2015年1月28日着工〜2018年1月31日竣工予定