ザ・パークハウス西新宿タワー60
 西新宿で建設中の分譲のタワーマンション「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)です。撮影時点で18階の建設が始まっていました。

ザ・パークハウス西新宿タワー60
 地上60階という階数は国内のタワーマンションでは最高階数となります。高さでは大阪の「北浜タワー」(地上54階、最高高さ209.35m)が日本一で、ここは日本2位の高さのタワーマンションとなります。ただ、「虎ノ門ヒルズ」の隣で計画されている「(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)開発事業」(地上56階、高さ約225m)が計画通り建設されると順位が繰り下がります。

ザ・パークハウス西新宿タワー60
 仮囲いの一部はストリートギャラリーとしてウォールアートが展示されています。これはMOT8 Design Studioによるもので自然、生き物、住民達がそれぞれ助け合い、楽しく共存して発展していく過程がテーマとなっています。

ザ・パークハウス西新宿タワー60
 60階到達まであと42階。まだまだ高くなります。

ザ・パークハウス西新宿タワー60
 神田川沿いの遊歩道から撮影。ここは新宿の超高層ビル群の西端でこの方角は超高層ビル群、逆側は住宅街となっています。

ザ・パークハウス西新宿タワー60
 少し北側に移動。右側の「西新宿五丁目中央南地区」では三井不動産レジデンシャルによる地上43階、高さ約160mのタワーマンションが計画されています。

ザ・パークハウス西新宿タワー60
 さらに北側に移動。「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」の北側の「西新宿五丁目北地区」では、住友不動産による地上43階、高さ約160mと地上37階、高さ約140mのタワーマンションが計画されています。将来的には巨大なタワーマンションがズラッと並ぶ一帯となりそうです。

■ザ・パークハウス 西新宿タワー60の物件概要■
名称:ザ・パークハウス 西新宿タワー60
計画名:西新宿五丁目中央北地区第一種市街地再開発事業(A1地区)
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目700番(地番)
用途:共同住宅、店舗、駐車場
総戸数:954戸(事業協力者住戸117戸含む)
階数:地上60階、地下2階
高さ:199.16m(最高高さ208.97m)
敷地面積:7,530.65
建築面積:3,090.34
延床面積:103,908.66
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
建築主:西新宿五丁目中央北地区市街地再開発組合
参加組合員:三菱地所レジデンス、相鉄不動産、丸紅
売主:三菱地所レジデンス、相鉄不動産、丸紅
設計者:フジタ
施工者:フジタ
工期:2014年3月31日着工〜2017年7月下旬竣工予定
入居予定:2017年11月下旬予定