ザ・パークハウス晴海タワーズ
 晴海のツインタワー「ザ・パークハウス晴海タワーズ」です。左が「ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンス」(地上49階、高さ169.2m)、右が「ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス」(地上49階、最高高さ167.6m)です。

ザ・パークハウス晴海タワーズ
 「ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス」の外観は完成しているようで、高層部のネットが撤去されれば迫力あるツインタワーの誕生です。

ザ・パークハウス晴海タワーズ
 ツインタワーと言ってもクロノレジデンスとティアロレジデンスではデザインコンセプトは異なります。クロノレジデンスのデザインコンセプトは「Weave(織り布)」で、織り布に見立てた格子状のルーバースクリーンが採用されています。また、右のティアロレジデンスのデザインコンセプトは「Origami(折り紙)」でガラス手摺が外側に傾けてられ、晴海運河や緑地を映し込むようになっています。他にも塔屋や角のデザインなども異なっています。

ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス
 近くから見上げた「ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス」です。

ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス
 別角度からもう1枚。手前は「パークタワー晴海」(地上48階、最高高さ178.49m)の建設地です。

ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス
 低層部の外観も完成しているようでした。

ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス
 マンションの周りでは植栽などの整備が始まっていました。マンション本体以外の整備が始まったということは最終段階ですね。全体の外観完成までもう少しです。

ザ・パークハウス晴海タワーズ
 最後は東京スカイツリーの天望回廊から見た「ザ・パークハウス晴海タワーズ」です。これのみ昨日の撮影です。

■ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンスの物件概要■
名称:ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス
計画名称:(仮称)中央区晴海二丁目マンション計画(第2期/C2街区)
所在地:東京都中央区晴海2丁目108番、109番(地番)
用途:共同住宅
総戸数:861戸
階数:地上49階、地下2階
高さ:166.95m(最高高さ167.60m)
敷地面積:14,956.52
建築面積:5,597.06
延床面積:98,325.90
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
建築主:三菱地所レジデンス・鹿島建設
売主:三菱地所レジデンス・鹿島建設
設計者:三菱地所設計
施工者:鹿島建設
工期:2012年7月30日着工〜2016年4月上旬竣工予定
入居:2016年8月上旬予定