本日、三井不動産より「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」の起工式を執り行ったとニュースリリースがありました。着工自体は昨年の12月17日に着工したおり、竣工は2019年3月末予定となっています。

▼三井不動産:ニュースリリース(2016/01/29)
「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」着工

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区 完成イメージ図
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区 完成イメージ図[出典:三井不動産]

 A地区の建設地は東京都中央区日本橋室町三丁目で「日本橋三井タワー」(地上39階、最高高さ194.69m)の北側で、建設されるビルの規模は地上26階、地下3階、高さ142m、延床面積168,000屬任后設計、施工は鹿島・清水・佐藤工業特定業務代行共同事業体ですが、外装デザインは日本橋三井タワーと同じくシーザー・ペリが代表の「ペリ クラーク ペリ アーキテクツ」が起用されています。また、この完成イメージ図を見ての通り、100尺規制時代の高さ31mラインでセットバックして街並みが揃えられています。


日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区 断面図
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区 断面図[出典:三井不動産]

 断面図の通り5階〜25階はオフィスフロア、3階はホール、地下1階〜地上2階には商業施設となります。


日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区 完成予想図
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区 完成予想図[出典:三井不動産]

 1階の日本橋三井タワー側には大規模な屋外広場空間が整備されます。


日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 1月17日に撮影した「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」の建設地です。この角のビルは同再開発には含まれていません。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 先程の角のビル以外の区画全部が同再開発の敷地となります。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 既存ビルが解体された今だけ見られる角度から日本橋の超高層ビル群です。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 別角度からもう1枚。この奥の方にあの高さ390mの超高層ビルが建設されます。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業B地区
 おまけでB地区です。こちらはまだ既存ビルが建っています。

■日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区の物件概要■
計画名称:日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区新築工事
所在地:東京都中央区日本橋室町三丁目10番
用途:事務所、店舗等
階数:地上26階、地下3階
高さ:142m
敷地面積:11,483.91
建築面積:8,600
延床面積:168,000
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
建築主:日本橋室町三丁目地区市街地再開発組合
事業協力者:三井不動産
設計者:鹿島・清水・佐藤工業 特定業務代行共同企業体(代表:鹿島建設)
デザインアーキテクト:ペリ クラーク ペリ アーキテクツ
施工者:鹿島・清水・佐藤工業 特定業務代行共同企業体(代表:鹿島建設)
工期:2015年12月17日着工〜2019年3月31日竣工予定