IMG_7614
虎ノ門トラストシティ ワールドゲート 完成予想図[出典:森トラスト]

 森トラストが国家戦略特別区域の特定事業として進めている「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」の完成予想図です。規模は地上36階、塔屋1階、地下4階、高さ179.95m、延べ面積210,000屬把秡愽瑤ら中層部がオフィスフロア、そして高層部がサービスアパートメント・ホテルとなる複合ビルとなります。同プロジェクトの敷地からは地下通路で神谷町駅まで繋がります。完成予定は2019年7月15日の予定となっています。

東京タワーから見た虎ノ門
 東京タワーの特別展望台から見た虎ノ門です。中央下の敷地が「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」の計画地です。

虎ノ門トラストシティ ワールドゲート
 「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」の建設地にズームです。ここは「虎ノ門パストラル」の跡地で敷地の半分くらいはコインパーキング、そして一時的に「MORI TRUST GARDEN TORA4(モリトラストガーデン トラヨン)」として利用されていました。今はそれらの解体工事が2015年10月1日〜2017年1月31日までの工期で行われています。着工予定は2016年1月16日となっているので解体と建設工事が同時進行となりそうです。

虎ノ門トラストシティ ワールドゲート
 地上から見た「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」です。背後の白いタワーマンションは「虎ノ門タワーズ レジデンス」(地上41階、最高高さ153.47m)です。目の前にこれよりも大きな超高層ビルが建つこととなるので眺望に影響が出そうです。

虎ノ門トラストシティ ワールドゲート
 別角度からもう1枚。この角に「葺城稲荷神社(ふきしろいなりじんじゃ)」がありましたが姿を消していました。ただ、この再開発でまた神社は建築されます。

東京タワーからの眺め
 もう一度東京タワーからの眺めです。なかなかの超高層ビル群となっていますが、この方角にはこれから複数の超高層ビルが建設されます。

虎ノ門トラストシティ ワールドゲート 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。計画名称は「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」です。施行者は未定となっていますが次に載せる解体工事は清水建設によって行われているので、そのまま施行者も清水建設になるかと思います。

虎ノ門トラストシティ ワールドゲート 計画敷地内解体工事
 「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート 計画敷地内解体工事」解体工事のお知らせです。

■虎ノ門トラストシティ ワールドゲートの物件概要■
名称:虎ノ門トラストシティ ワールドゲート
計画名:(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト(本体棟)
所在地:東京都港区虎ノ門4丁目1番地
用途:事務所、ホテル、共同住宅、店舗
階数:地上36階、塔屋1階、地下4階
高さ:179.95m
構造:鉄骨造、一部SRC造、一部RC造
基礎工法:直接基礎及び杭基礎
敷地面積:163,00屐平声劼魎泙狒澗痢
建築面積:7,300
延床面積:210,000
建築主:森トラスト
設計者:安井建築設計事務所
施工者:未定
工期:2016年1月16日着工〜2019年7月15日竣工予定