京橋一丁目東地区の完成予想図
京橋一丁目東地区 完成予想図[出典:戸田建設]

 大阪ではなく東京の京橋に建設される「京橋一丁目東地区」の完成予想図です。場所は東京駅から八重洲通を東へ少し行った東京駅徒歩圏となる場所で、これは東京駅側から見た完成予想図となります。左側の低い方がA街区で地上23階、高さ150mとなります。右側の大きい方がB街区で地上28階、高さ173mとなります。他にも地上7階のC街区もあります。

(仮称)京橋一丁目東地区永坂産業京橋ビル新築工事
 A街区の建設地です。「旧ブリヂストン本社ビル(永坂産業京橋1丁目ビル)」が建っていましたが、地上からはその姿は見えなくなっていました。解体工期は今月末までとなっています。

(仮称)京橋一丁目東地区永坂産業京橋ビル新築工事
 別角度からもう1枚。現地には建築計画のお知らせが設置されており「(仮称)京橋一丁目東地区永坂産業京橋ビル新築工事」として今年の6月15日着工、2019年7月31日竣工予定となっていました。

(仮称)京橋一丁目東地区永坂産業京橋ビル新築工事
 東側から見た「(仮称)京橋一丁目東地区永坂産業京橋ビル新築工事」の建設地です。左後ろの超高層ビルが建っているあたりに東京メトロ銀座線の京橋駅があります。今後八重洲の再開発で超高層ビルが建つと、東京駅周辺の超高層ビル群は京橋まで繋がることとなります。

戸田建設本社ビル
 B街区の建設地となる「戸田建設本社ビル」です。こちらは2021年度着工予定なのでまだまだ解体されることはありません。

(仮称)京橋一丁目東地区永坂産業京橋ビル新築工事_建築計画
 「(仮称)京橋一丁目東地区永坂産業京橋ビル新築工事」の建築計画のお知らせです。施行者は未定となっていますが、常識的に考えて戸田建設になるかと思います。

■(仮称)京橋一丁目東地区永坂産業京橋ビル新築工事の物件概要■
計画名:(仮称)京橋一丁目東地区永坂産業京橋ビル新築工事
所在地:東京都中央区京橋一丁目10番他
用途:事務所、美術館、自動車車庫
階数:地上23階、地下2階
高さ:150.00m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接地業鉄筋 コンクリートべた基礎
敷地面積:2,813.74
建築面積:2,200.00
延床面積:47,100.00
建築主:永坂産業
設計者:日建設計
施工者:未定
工期:2016年6月15日着工〜2019年7月31日竣工予定