ラマダホテル大阪
 大阪・中津で解体工事中の「ラマダホテル大阪」跡地の再開発情報が建設ニュースさんなどに掲載され明らかになりました。計画名は「(仮称)大阪市北区豊崎3丁目新築工事計画」で地上50階、地下1階、高さ168mの総戸数653戸の分譲のタワーマンションとなります。建築主は東急不動産、住友商事、設計者は大林組で施行者は未定となっていますが大林組がそのまま施工するかと思います。工期は2016年7月着工で2020年3月竣工予定となっています。

▼建設ニュース:2015年11月4日
【民間】ラマダホテル跡地に50階建ての分譲マンション/設計は大林組、16年7月に着工/東急不動産と住友商事

▼Re-urbanization -再都市化-:2015年11月4日
御堂筋線中津駅前にあった旧ラマダホテル大阪跡は地上50階、高さ168mのタワーマンション!(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画(ブランズタウン中津)の再開発計画の概要が判明!

ラマダホテル大阪
 これは今年の9月19日の「ラマダホテル大阪」です。今は全体が足場で覆われているようです。

 地下鉄御堂筋線の中津駅周辺では「ザ・セントラルマークタワー」(地上37階、高さ122.5m)が一足先に建設されましたが、他にも先月のブログで載せた通り「(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画」(地上45階、高さ159m)が建設されます。そこに「(仮称)大阪市北区豊崎3丁目新築工事計画」(地上50階、高さ168m)が加わることになりました。一気に中津駅前はタワーマンション密集地帯となります。

■(仮称)大阪市北区豊崎3丁目新築工事計画の物件概要■
計画名称:(仮称)大阪市北区豊崎3丁目新築工事計画
所在地:大阪府大阪市北区豊崎三丁目21番1他
用途:共同住宅(分譲)
総戸数653戸
階数:地上50階、塔屋2階、地下1階
高さ:168m
構造:RC造
敷地面積:5,154.75m2
建築面積:2,424.22
延床面積:68,111.54
建築主:東急不動産、住友商事
設計者:大林組
施工者:未定
工期:2016年7月着工〜2020年3月竣工予定