三井物産ビル
 「大手町一丁目2地区開発事業」の計画地で解体中の「三井物産ビル」(地上24階、高さ100m)です。オーソドックスに上から順に解体中です。今年の1月5日から解体工事が始まり、来年の3月31日で解体が完了する予定となっています。

三井物産ビル
 タワークレーン2基が設置して解体工事が行われています。

IMG_7179
 9月末に近くの某ビルから見下ろした解体中の「三井物産ビル」です。下からは見えませんがビルの中では外周の鉄骨を残してショベルカーを使って解体しているようでした。

大手町パルビル
 解体工事が始まっている「大手町パルビル」(地上9階)です。こちらも同じように解体工事を行っているものと思われます。

大手町一丁目三井ビルディング
 こちらの「大手町一丁目三井ビルディング」(地上9階)も解体されますが、まだ解体工事のお知らせは見当たりませんでした。

大手町一丁目2地区開発事業
大手町一丁目2地区開発事業の完成予想図[出典:三井不動産]

 解体後の跡地は三井物産と三井不動産による再開発「大手町一丁目2地区開発事業」が行われます。大手町と言えば三菱のイメージですがここは三井です。再開発ビルの規模はA棟が地上30階、地下5階、高さ約155m、B棟が地上41階、地下5階、高さ約200mとなり、B棟の高層階はホテルとなる予定です。工期は2016年7月着工、2019年3月竣工の予定です。

■(仮称)大手町一丁目2地区計画の物件概要■
名称:(仮称)大手町一丁目2地区計画
所在地:東京都千代田区大手町1丁目2番
用途:事務所、店舗、多目的ホール、ホワイエ、ホテル、バンケット、駐車場、地域冷暖房施設
階数(A棟):地上30階、地下5階
高さ(A棟):高さ約155m
階数(B棟):地上41階、地下5階
高さ(B棟):高さ約200m
構造:S造(一部SRC・RC造)
敷地面積:2万0900
延床面積:36万1000
事業主体:三井物産・三井不動産
基本設計:日建設計
工期:2016年7月着工〜2019年3月竣工予定