グランクロスタワー広島
 広島駅南口の東側で建設中の「グランクロスタワー広島」(地上46階、最高高さ約166m)です。14階〜46階が分譲マンションフロアで14階がロビー・オーナーズエントランスとなります。低層階の5〜13階は賃貸マンション、1〜4階は商業施設・医療施設となります。

グランクロスタワー広島
 広島駅前から見た「グランクロスタワー広島」です。この道を真っ直ぐ進んで行くとマツダスタジアムがあります。本日、広島のクライマックスシリーズ進出がかかった試合がありましたが、中日に敗れてCS進出とはなりませんでした。このタイミングで広島ファンを祝福しようと載せずにとっておいたんですけどね。

グランクロスタワー広島
 「エール エールA館」の屋上からの眺めです。「グランクロスタワー広島」とその手前で建設中のビルを含む一帯は「広島駅南口Cブロック市街地再開発事業」で、住宅棟の手前側は施設棟となり、1〜4階が店舗、5階〜8階が駐車場、9階〜11階がスポーツ練習場となります。右端に見切れている建設中の建物は「シティタワー広島」です。

グランクロスタワー広島
 「グランクロスタワー広島」にズームです。15階〜43階までの部屋は「プレミアムステージ」となりますが、44階、45階が特別仕様の「エグゼクティブステージ」となり、最上階の46階はさらに上のグレードの「スーパーエグゼクティブステージ」となります。44階以上はセキュリティが厳しくなりエレベーターホールも認証が必要なオートロックとなります。また、共用施設として31階にスカイラウンジ、14階にゲストルームが2部屋設置される予定となっています。

■グランクロスタワー広島の物件概要■
名称:グランクロスタワー広島
計画名:広島駅南口Cブロック市街地再開発事業
所在地:広島県広島市南区松原町88番(地番)
用途:住宅、商業施設、駐車場
総戸数:368戸(非分譲住戸12戸含む)
階数:地上46階、塔屋1階、地下1階
高さ:162.22m(最高高さ約166m)
敷地面積:9,680.78(全体)
建築面積:8,541.97(全体)
延床面積:99,923.37(住宅棟:57,173.77屐⊂Χ氾錙42,749.60)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
建築主:広島駅南口Cブロック市街地再開発組合
売主:NIPPO、ミサワホーム、旭化成不動産レジデンス
総合企画:森ビル都市企画
設計者:戸田建設、アール・アイ・エー
施工者:戸田建設
工期:2014年4月着工〜2016年12月下旬竣工予定
入居:2017年3月末予定