ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 東京スカイツリーの天望回廊から見た佃、月島、勝どき、晴海のタワーマンション群です。中央やや左の黒っぽいツインタワーが今回の主役である住友不動産の「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」(地上52階、高さ177.30m)です。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」にズームです。スカイツリーが見える部屋はこの面と左側のEAST棟の高層階の一部だけのようです。東京タワーが見える部屋は売りの一つになりますが、スカイツリーが見える部屋はどうなんでしょうね。スカイツリーはあちこちから見えるのでそこまで重要視されてはいないのかなと思います。ただ、見えるとやっぱり嬉しいです。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 晴海客船ターミナルから撮影した「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」です。ここからが8月9日の撮影で、スカイツリーからの写真は7月14日の撮影です。

 右下のタワーマンションは昨日のブログに載せた前田建設工業の「(仮称)晴海三丁目西地区第一種市街地再開発事業計画 B街区」(地上33階、最高高さ115.21m)です。

 ところで両棟はほぼ同じデザインかと思っていたのですが、右側のEAST棟の高層階はバルコニーの位置が違うんですね。何度も撮影に行っていますが今頃になって気が付きました。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 少し近付いて清掃中央工場から撮影しました。この辺りから見るとタワーマンションの壁となって見えます。左側に隙間がありますが、そこには勝どき東地区の巨大なタワーマンションが建設されるのでタワーマンションの壁はまだ拡大します。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 WEST棟とEAST棟の間です。朝潮運河を眺められるデッキが整備中です。またデッキの上には風の丘と呼ばれる植栽も整備されます。また他にも月の森、鳥の広場といった空間も整備されます。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 WEST棟の低層部です。この辺りのデッキは終日一般開放されます。ただ、両棟の中間に整備される風の丘は22時〜7時の間は閉鎖されます。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 勝どき、築地へと続く環状2号線にはデッキで接続されます。

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 豊洲から見た「ドゥ・トゥール」です。右側の隙間に見えるのは建設中の「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」(地上53階、最高高さ178.78m)です。湾岸と呼ばれている一帯は日本最大のタワーマンション密集地帯に成長を続けています。

■DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)の物件概要■
名称:DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)
計画名:(仮称)晴海三丁目西地区A2・A3街区計画
所在地:東京都中央区晴海三丁目102番
用途:共同住宅、事務所、物販店舗、診療所、自動車車庫、自転車駐車場
総戸数:1450戸、SOHO216区画、その他店舗2区画
階数:地上52階、塔屋1階、地下1階
高さ:177.30m
敷地面積:15,222.35
建築面積:10,073.63
延床面積:174,801.03
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎工法
建築主(売主):住友不動産
設計:三井住友建設
施工:三井住友建設
完成予定:2015年9月下旬予定
入居予定:2016年3月上旬予定