TRI-SEVEN ROPPONGI(トライセブン ロッポンギ)
 六本木駅近くで建設中の「Tri-Seven Roppongi(トライセブン ロッポンギ)」(地上14階、高さ79.5m)です。場所は東京ミッドタウンと道路を挟んだ西側で、低層部が商業施設となる免震構造のオフィスビルとなります。

Tri-Seven Roppongi(トライセブン ロッポンギ)
 「Tri-Seven Roppongi(トライセブン ロッポンギ)」は14階建てですが、このように塔屋が特徴的なビルとなります。

Tri-Seven Roppongi(トライセブン ロッポンギ)
 六本木ヒルズから見た「Tri-Seven Roppongi(トライセブン ロッポンギ)」です。このようにビル本体とは関係ないデザイン部分に凝ったビルは個人的に好きです。

■TRI-SEVEN ROPPONGI(トライセブン ロッポンギ)の物件概要■
名称:TRI-SEVEN ROPPONGI(トライセブン ロッポンギ)
計画名称:(仮称)ペンブロークビル新築工事
所在地:東京都港区六本木7丁目113-1他
用途:事務所・店舗・駐車場
階数:地上14階、塔屋2階、地下2階
高さ:79.5m
敷地面積:3,843.68
建築面積:2,359.86
延床面積:31,436.93
構造:鉄骨造 一部コンクリート充填鋼管構造、鉄筋コンクリート造、中間層免震構造
基礎工法:現場造成杭
建築主:ペンブローク・ロッポンギ7・リアルエステート・リミテッド
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2014年3月1日着工〜2016年3月31日竣工予定