西武鉄道池袋ビル建替え計画の完成予想図
西武鉄道池袋ビル建替え計画の完成予想図[出典:西武ホールディングス]

 西武鉄道が保有する「池袋旧本社ビル」の建替え「西武鉄道池袋ビル建替え計画」(地上20階、高さ99.98m)です。

 場所は池袋駅の南側、西武鉄道池袋線沿いで池袋線の線路上空も活用した1、2階を商業施設とする賃貸のオフィスビルとなります。

西武鉄道池袋ビル建替え計画の断面図
西武鉄道池袋ビル建替え計画の断面図[出典:西武ホールディングス]

 断面図を見ると右下に西武池袋線が通っていることがわかるかと思います。

 ところで現地建築計画のお知らせは地上18階から地上20階に変更となっていました。この図を見る限りでは地上18階、塔屋2階ですが、これを塔屋も含めて20階表記にしたのか、地上20階、塔屋2階となったのかは現時点ではわかりません。ただ、高さに変更はないのと延べ面積に大きな変更はないので塔屋を含めて20階という可能性が高いかと思います。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の計画地です。「池袋旧本社ビル」の解体工事は終わっているようでした。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 少し移動した場所からもう1枚。奥に見える線路が西武池袋線で、そこをまたいだ形でビルが建設されます。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の敷地内です。計画通り進んでいるならばちょうど撮影した8月1日に着工していますが、現地作業予定では地中障害物撤去作業となっていました。

 また、背後に見えるタワーマンションは「グランドミレーニア タワー&スイート」(地上31階、最高高さ116.4m)です。池袋の超高層ビル群はゆっくり広がっています。

西武鉄道池袋ビル建替え計画 建築計画のお知らせ
 「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建築計画のお知らせです。階数以外にも数値が微妙に変更となっています。

■西武鉄道池袋ビル建替え計画の物件概要■
名称:(仮称)西武鉄道池袋ビル新築工事
計画名:西武鉄道池袋ビル建替え計画
所在地:東京都豊島区南池袋1丁目21番23他(地名地番)
用途:事務所・物販店舗・自動車車庫
階数:地上20階、地下2階
高さ:99.98m
敷地面積:5,530.96
建築面積:3,894.12
延床面積:49,661.63
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、中間免震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭
建築主:西武鉄道
設計者:日建設計
施工者:大林・西武 建設工事共同企業体
工期:2015年8月1日着工〜2019年3月31日竣工予定
開業予定:2019年春