大手町フィナンシャルシティグランキューブ
 大手町で建設中の「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」(地上31階、高さ168.28m)です。かなり太いビルのためこうして離れた場所から撮影するか、超広角のレンズを使わないと全体が入りません。

 計画名称は「(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟」でしたが「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」に決定しています。

 左側には「大手町フィナンシャルシティ ノースタワー」(地上31階、高さ154m)と「大手町フィナンシャルシティ サウスタワー」(地上35階、最高高さ177m)が建っていますが、同じ「大手町フィナンシャルシティ」となりました。

大手町フィナンシャルシティグランキューブ
 近くから見上げた「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」です。標準レンズだとこれくらいが限度で低層部が欠けるくらい大きなビルです。南北の幅が約71m、東西の幅が約82mという大きさです。

大手町フィナンシャルシティグランキューブ
 低層部です。見るからにオフィスビルといった感じですが、ここは昨年「大手町温泉」が湧出したことで話題になった場所で、その温泉はこのビルに入居予定のフィットネス施設で利用される予定となっています。隣で建設中のホテル「星のや東京」にも温泉は提供される予定です。

星のや東京
 その「星のや東京」(地上18階、高さ87.67m)です。星野リゾートによる日本旅館となり全室畳敷きの和室となります。

星のや東京
 現時点で何階まで建設が進んでいるのかわかりませんが、RC造のためゆっくりと伸びています。

大手町の超高層ビル群
 「文京シビックセンター」から見た大手町の超高層ビル群です。どんどん巨大な超高層ビル群に成長しています。

大手町フィナンシャルシティグランキューブ
 「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」にズームです。まだもう少しだけ伸びそうです。

大手町の超高層ビル群
 東京スカイツリーから見た大手町の超高層ビル群です。これだけ7月14日の撮影です。数年後には「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」の背後に「大手町一丁目2地区開発事業」による地上41階、高さ約200mの超高層ビルが建設されている予定です。その再開発では地上30階、高さ約155mのビルも建設されますが、それが見えるかどうかは微妙なところです。

■大手町フィナンシャルシティグランキューブ・星のや東京の物件概要■
名称:大手町フィナンシャルシティグランキューブ・星のや東京
計画名称名称:(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都千代田区大手町一丁目9番
用途:事務所、宿泊施設(星のや東京:84室)、店舗、駐車場、地域冷暖房施設

[大手町フィナンシャルシティグランキューブ]
階数:地上31階、塔屋2階、地下4階
高さ:高さ168.28m
構造:地上S造(一部CFT造)、地下SRC造

[星のや東京]
階数:地上18階、塔屋1階、地下3階
高さ:高さ87.67m
構造:地上RC造一部S造(免震)、地下SRC造

基礎工法:直接基礎(べた基礎)
敷地面積:11,171.91(全体)
建築面積:7,146.76(全体)
延床面積:205,354.38(全体)、B棟:約12,200
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計・NTTファシリティーズ
施工者:戸田建設
工期:2014年4月1日着工〜2016年4月1日完了予定