BAYZ TOWER & GARDEN(ベイズ タワー&ガーデン)
 豊洲6丁目で建設中の分譲のタワーマンション「BAYZ TOWER & GARDEN(ベイズ タワー&ガーデン)」(地上31階、最高高さ110.0m)です。SKYZの目の前にある歩行者デッキから撮影しました。6月末時点では目視で15階部分まで建設が進んでいるようでした。上棟まではまだ半分ちょっと残っていますがBAYZは既に完売しています。

BAYZ TOWER & GARDEN(ベイズ タワー&ガーデン)
 別角度からもう1枚。青いネットで覆われていますが外壁工事も進んでいるのがわかります。

BAYZ TOWER & GARDEN(ベイズ タワー&ガーデン)
 昭和大学江東豊洲病院前の東電堀超しに撮影。

BAYZ TOWER & GARDEN(ベイズ タワー&ガーデン)
 BAYZの目の前ではこのように遊歩道やデッキなど護岸整備が行われており、その工事は既に完了しているように見えました。今はまだ閉鎖されたままでしたが、BAYZなど周辺の工事の邪魔になったりする場所ではないので近いうちに一般開放されるのかなと思っています。個人的にこういった運河や川沿いの遊歩道は好きなので、一般開放される日が楽しみです。

■BAYZ TOWER & GARDENの物件概要■
名称:BAYZ TOWER & GARDEN(ベイズ タワー&ガーデン)
計画名:(仮称)豊洲3−2街区計画B2街区新築工事
所在地:東京都江東区豊洲六丁目10番9(仮換地地番)
総戸数:550戸
階数:地上31階、地下1階
高さ:103.3m(最高部高さ110.0m)
敷地面積:11,094.98
建築面積:3,305.00
延床面積:66,156.13
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、免制震複合システム「スイングセーバー」
建築主(建物売主):東京建物、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、東急不動産、住友不動産、野村不動産
基礎工法:杭基礎
土地売主:東京電力
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2013年7月1日着工〜2016年7月下旬竣工予定
入居:2016年10月下旬予定