住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 六本木ヒルズから撮影した「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」(地上40階、高さ230.76m)の「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。随分と高くなりガラスカーテンウォールを使った斜めのデザインも目立つようになってきました。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 近くから見上げた「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。左で組んでいる鉄骨部分には90人乗りの大型のシャトルエレーベータが設置されます。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 「泉ガーデンタワー」の隣から撮影。現地工程表によると22〜25階の躯体工事、26〜28階の鉄骨工事となっていました。その25階は免震フロアとなり、26階はスカイロビー、そして27階が機械室で28階〜40階が高層階のオフィスフロアとなります。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 少し飛び出た部分にズーム。この飛び出た部分は左上の方に向かって平らになっていき、最上部で飛び出た部分がなくなります。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」の低層部です。1階は4層吹き抜けのエントランスとなるので、現時点でこういった大空間を見ることが出来ます。その空間に向こうに見えるのは住宅棟です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 その住宅棟の「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。住友不動産による賃貸マンションとなりますが、現時点で超高さそうな雰囲気が漂っています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 反対側の坂の下から撮影。オフィス棟とお見合い部屋になる向きに部屋はほとんどなさそうです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 六本木ヒルズから撮影した「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 東京ミッドタウンから撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。随分と高くなってきましたがまだまだ高くなります。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.76m(公式サイトでは226.95m)
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,500.74
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
基礎工法(業務棟):直接基礎
基礎工法(住宅棟):杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定