アルバックスタワー金山駅前
 名古屋の金山駅近くのタワーマンション「アルバックスタワー金山駅前」(地上27階、高さ90.91m)です。これはGW中の5月2日の撮影ですが外観は既に完成しており、作業工程でもエントランス仕上げ工事、外装塗装クリーニング、外構工事と仕上げ段階となっていました。

アルバックスタワー金山駅前
 ただ、マンション周囲はまだ仮囲いで囲まれていました。今は撮影してから20日近く経つので仮囲いは撤去されているかもしれません。

アルバックスタワー金山駅前
 近くから見上げた「アルバックスタワー金山駅前」です。

 最寄駅の金山駅はJRで名古屋駅まで2駅、繁華街の栄まで地下鉄で4駅といった立地です。また、名古屋駅など名古屋の都心はここから北側に位置しています。超高層ビルマニアの個人的視点から言うと、ここの北側の部屋だと名古屋の超高層ビル群方面がほとんどの時間で順光となるのでいいなと思います。世の中は日当たり信仰が強いのでこう思うのは極少数なんでしょうね。個人的に部屋を探すときは眺望第一で日当たり全く気にしません(笑)

■アルバックスタワー金山駅前の物件概要■
名称:アルバックスタワー金山駅前
計画名称:(仮称)アルバックス金山ステーションタワー新築工事
所在地:名古屋市中区金山一丁目1503
用途:寺院・共同住宅
階数:地上27階、塔屋1階
高さ:高さ90.91m
総戸数:86戸
敷地面積:1,011.80
建築面積:774.24
延床面積:9,780.22
建築主:休玄寺、エイディーノウビ
設計:清水建設
施工:アイシン開発、清水建設
工期:2013年6月15日頃〜2015年8月中旬予定