日本橋室町三丁目地区の完成予想図
日本橋室町三丁目地区の完成予想図[出典:東京都HP]

 「日本橋三井タワー」(地上39階、最高高さ194.69m)の隣では「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業」による地上26階、高さ約142mの店舗と事務所からなる超高層ビルが建設されます。着工は今年の11月で現地では既存建物の解体工事が本格化しています。

日本橋室町三丁目地区 既存建物解体工事
 北西側から見た日本橋室町三丁目地区です。複数のビルをまとめて解体するようです。

日本橋室町三丁目地区 既存建物解体工事
 一番最初に解体が始まった「東京建物新室町ビル」の地上部はほぼ姿を消していました。

日本橋室町三丁目地区 既存建物解体工事
 そして背後には複数のビルが足場で囲まれた凸凹な風景を見ることが出来ました。

日本橋室町三丁目地区 既存建物解体工事
 南西側の日本銀行前から見た「三井別館」です。まだまだ使えそうなビルでしたが、半分ほど足場で覆われていました。

日本橋室町三丁目地区 既存建物解体工事
 南東側の中央通り沿いのから見た日本橋室町三丁目地区です。解体が始まるまでこの区画全体が再開発の対象かと思っていましたが、角のビルだけは対象外のようです。

日本橋室町三丁目地区の配置図
日本橋室町三丁目地区の配置図[出典:東京都HP]

 確かに配置図を見るとこの角部分だけが施行区域から外れていました。

日本橋室町三丁目地区 既存建物解体工事
 北東側の中央通り沿いから見た日本橋室町三丁目地区です。トラヤの看板があるビルが残っていますが、上記の配置図では施行区域となっています。

 既存ビルの解体も区画全体で一斉に始まると、中は見えなくてもなかなか迫力がありますね。夏までにはほぼ更地になっているかと思います。

■日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
所在地:東京都中央区日本橋室町三丁目
用途:店舗、事務所、駐車場等
階数:地上26階、地下4階
高さ:約142m
延床面積:約165,570
建築主:日本橋室町三丁目地区市街地再開発組合
事業協力者:三井不動産
設計:日本設計
施工:鹿島建設・清水建設・佐藤工業のJV
工期:2015年11月着工〜2019年3月竣工予定
総事業費:約1265億円


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ