西新宿三丁目西地区の空撮
 今年1月の「西新宿三丁目西地区市街地再開発事業」の空撮です。場所は大雑把に言うと「新宿パークタワー」(地上52階、高さ235m)の西側で、かつてはこの辺りに京王線の新駅を設置し、地上77階、高さ338mの超高層ビルや地上62階、高さ255mのツインタワーのタワーマンションなどが計画されていました。ところが2013年7月の報道ではその計画は一旦白紙となり、実現性の高い計画を検討とのことで高層住宅2棟へ計画変更となりました。

▼そのときのブログ記事(2013年7月5日)
「西新宿三丁目西地区市街地再開発」に新たな構想!

西新宿三丁目西地区の空撮
 その計画変更後の規模はツインタワーで延べ約30万屬箸いΔ海箸らいしか報道されていませんでしたが、徐々にその規模が判明してきました。新宿新聞では60数階のツインタワーの約3100戸と低層の商業施設、不動産経済研究所のプレスリリースでは66階建てツインタワーと50階建ての計3棟で2500戸となっています。

 どちらの情報が実際の計画に近い情報なのかはわかりませんが、少なくとも「西新宿三丁目西地区市街地再開発事業」は60階を越えるツインタワーの計画のようです。この空撮にも名称を入れましたが現在建設中の「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)がマンションとしては日本一の階数となりますが、西新宿三丁目西地区にあっさり抜かれるかもしれません。

 「西新宿三丁目西地区市街地再開発事業」の事業協力者は野村不動産、東京建物、住友商事、首都圏不燃建築公社となっています。300m超えの日本一の超高層ビル計画の復活は絶望的ですが、日本一のタワーマンションとなるのかは注目です。正式な計画概要の発表でガッカリしないことを祈るのみです。

▼新宿新聞:記事一覧(2015年3月25日)
1面 60数階2棟のマンション超高層計画

▼不動産経済研究所:プレスリリース(2015年4月9日)
全国超高層マンション市場動向 2015年3月末現在

 ところで、不動産経済研究所のプレスリリースに大阪の西本町に地上60階、総戸数500戸のタワーマンション計画も掲載されていました。この計画は把握していませんでしたが、いよいよタワーマンションは60階超えの時代ですかね。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ