幕張新都心若葉住宅地区の完成予想図
幕張新都心若葉住宅地区の完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 千葉県企業庁が事業予定者を募集していた「幕張新都心若葉住宅地区」ですが、三井不動産レジデンシャル(代表企業)、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、丸紅、東方地所、富士見地所、袖ケ浦興業で構成する「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」に280億円で売却することを決めたと、本日の日刊建設工業新聞と建設通信新聞に掲載されました。

 記事によると京葉線沿いに地上46階、高さ150mのトリプルタワーのタワーマンション、公園を挟んだ陸側に最高で18階建てとなるマンションなど、全体で総戸数4390戸となるマンション群を建設・分譲する計画となっています。総事業費は約1800億円で2019年度から2029年度にかけて順次入居を開始する予定とのことです。

▼日刊建設工業新聞:2015年3月31日
三井不レジら8社グループ/千葉・幕張新都心で大規模開発/総事業費1800億円

▼建設通信新聞:2015年3月31日
三井不レジグループに決定/幕張新都心若葉住宅地区17.5ha/千葉県企業庁

幕張新都心の超高層ビル群の空撮
 約2年前の幕張新都心の超高層ビル群の空撮です。「幕張新都心若葉住宅地区」の位置は海浜幕張駅駅から南東側に行った場所で17万5809屬箸い広大な敷地です。

幕張新都心若葉住宅地区の空撮
 「幕張新都心若葉住宅地区」の空撮です。道路沿いの細長い敷地がA区画で低層の店舗が計画されており、B-2、B-3、B-4区画で地上46階、高さ150mのタワーマンションが計画されています。B-5、B-6、B-7区画は最高で18階となるマンション群となり、B-1区画は低層のマンション群となる計画となっています。

幕張新都心若葉住宅地区
 数日前に撮影した「幕張新都心若葉住宅地区」です。この空き地から奥の超高層ビル群に向かってトリプルタワーとなるタワーマンションが計画されています。

幕張新都心若葉住宅地区
 逆側から見た同敷地です。京葉線を超えた場所には19階建てや21階建てのマンションが建ち並んでいます。

若葉3丁目公園
 「幕張新都心若葉住宅地区」の中央には「若葉3丁目公園」があり既に一般解放されています。

幕張新都心若葉住宅地区
 「若葉3丁目公園」から見たB-7区画方面です。奥に見えるちょっと派手目な建物は県立幕張総合高校です。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ