三田小山町西地区の空撮
 以前載せた写真の使い回しですが麻布十番駅の東側に位置する三田小山西地区の空撮です。赤枠で囲った部分が「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」で地上45階建てと33階建てのタワーマンションなどが計画されています。

 昨日から「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」の環境影響評価書案に係る見解書の縦覧が開始されており、何か新しい情報がないかと思っていたところ建設通信新聞に同再開発の記事が掲載されました。今まで判明している情報と合わせて計画概要を載せていきます。

 計画地は三田1丁目の北西側で麻布十番駅や一ノ瀬JCTのすぐ近くで「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.08m)の隣の約2万0400屬良瀉呂任后左に橋が写っていますがその橋から「パークコート麻布十番 ザ タワー」にかけて新しく道路が整備されます。この空撮は上がちょうど北となりますが、その道路で分断して北街区と南街区に分かれます。

 北街区の北側に地上10階、高さ約50mの事務所棟が建設されます。1階が店舗、2階以上がオフィスフロアとなります。そして「パークコート麻布十番 ザ タワー」の西側には地上45階、高さ約165m、総戸数約790戸となる住宅A棟が建設されます。3階以上が住宅フロアとなります。以前見た配置図ではトライスター型となります。総延べ面積は約10万8200屐敷地面積は約1万0900屐建築面積は約5900屬任后

 南街区の西側には地上33階、高さ約125mの住宅B棟と東側には地上16階、高さ約66mの住宅C棟が建設されます。C棟の1階は店舗となります。総延べ面積は約7万1400屐敷地面積は約9500屐建築面積は約4650屬任后

 事業協力者は戸田建設と大成建設、事業計画のコンサルタント業務をアール・アイ・エーで、スケジュールは2015年度に都市計画決定、2017年着工、2020年の完成予定となっています。

▼建設通信新聞:2015年3月12日
新年度に都計決定/総延べ18万屐17年着工/三田小山町西地区市街地再開発

(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業 A棟_20141227
 現地で撮影した「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」のA街区方面です。この橋から中央の「パークコート麻布十番 ザ タワー」にかけて新しく道路が整備されます。

(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業 B棟_20141227
 「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」のB街区方面です。左に見切れているのは「シティタワー麻布十番」(地上38階、高さ129.92m)

六本木ヒルズから見た麻布十番方面
 六本木ヒルズから見た「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」方面の景色です。近隣のタワーマンション「パークコート麻布十番 ザ タワー」と「シティタワー麻布十番」の相場と、それらよりも規模が大きく麻布十番駅にも近いことを考えると普通のサラリーマンには手が出せないかなり高額なタワーマンションとなりそうです。

■(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業の物件概要■
[北街区]
住宅A棟:地上45階、地下1階、高さ約165m
事務所棟:地上10階、地下1階、高さ約50m
総延べ面積:約10万8200
敷地面積:約1万0900
建築面積:約5900

[南街区]
住宅B棟:地上33階、地下1階、高さ約125m
住宅C棟:地上16階、地下1階、高さ約66m
総延べ面積:約7万1400
敷地面積:南街区約9500
建築面積:南街区約4650

[全体]
敷地面積:約2万0400
総戸数 :計約1300戸
事業協力者:戸田建設、大成建設
事業計画のコンサルタント:アール・アイ・エー
見解書:トーニチコンサルタント

[今後の予定]
都市計画決定:2015年
解体工事着手:2017年
建物竣工:2020年


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ