勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」(地上53階、最高高さ178.78m)です。総戸数1420戸となる巨大なトライスター型のタワーマンションで、2月21日時点で14階くらいまで建設が進んでいました。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 トライスター型なので見る角度によっては見え方が色々変わります。ただ、トライスター型と言ってもSKYZや芝浦アイランドのケープタワーとはちょっと違う変形のトライスター型となっています。言葉では説明が難しいのですが、中心に三角形を描くように3つのウィングが重なっています。構造的にも3つの超高層タワーを組み合わせて、その建物の間に制振装置を配置する「VDコアフレーム構法」が採用されています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 「勝どき ザ・タワー」の高層階の共用施設として27階と40階に6つのゲストルーム、40階にレインボーブリッジを眺めることが出来るスカイビューラウンジが設置されます。

東京タワーから見た勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 2月14日撮影の「東京タワー」からの眺めです。「勝どき ザ・タワー」が見えるようになっていました。

 中央の巨大なツインタワーは「THE TOKYO TOWERS」(地上53階、最高高さ193.5m)で、その頭上に見えるタワークレーンは晴海で建設中の「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」(地上52階、高さ177.30m)です。2015年度に「勝どき東地区」の巨大なタワーマンションが着工予定となっていますが、「勝どき ザ・タワー」と「THE TOKYO TOWERS」が巨大な壁となって、東京タワーから見えることはほとんどなさそうです。

■勝どき ザ・タワーの物件概要■
名称:勝どき ザ・タワー
計画名:勝どき五丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事(B-1街区)
所在地:東京都中央区勝どき5丁目1400番
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設等
総戸数:1420戸(事業協力者戸数102戸を含む)
階数:地上53階、地下2階
高さ:175.13m(最高高さ178.78m)
敷地面積:10,878.09
建築面積:5,915.90
延床面積:161,697.33
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
建築主:勝どき五丁目地区市街地再開発組合
売主:鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、住友商事、野村不動産
設計:鹿島建設
施工:鹿島建設
工期:2013年9月1日着工予定〜2016年12月31日竣工予定
入居:2017年3月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ