大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の空撮
 「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地の空撮(1月25日撮影)です。現在は「逓信ビル」と「東京国際郵便局ビル」の解体工事が行われています。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:東京都HP]

 解体後の再開発「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」では地上35階、最高高さ182mのA棟と地上33階、高さ約170mのB棟の2棟の超高層オフィスビルが建設されます。ただ、この図を見てもわかる通り低層部で繋がっているビルなので、建築基準法だと1棟扱いになるのか現地に掲示されている建築計画のお知らせではA棟の階数、高さしか記載されていません。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 1月31日に撮影した「逓信ビル」の解体現場です。このビルには「逓信総合博物館ていぱーく」がありました。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
 「東京国際郵便局ビル」の解体現場です。外側の壁を残して解体が行われています。

大手町の超高層ビル群の空撮
 大手町の超高層ビル群の空撮です。低層のビルはどんどん超高層ビルへ建て替えが行われていますが、「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の左や上にある低層のビルで再開発の話は今のところ聞いたことがありませんが、きっとそのうち超高層ビルに建て替えられると思います。線路を超えた左下の場所では規模は不明ですが「常盤橋地区再開発事業」として再開発が計画されています。

■大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の概要■
計画名:大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都千代田区大手町二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数(A棟):地上35階、塔屋1階、地下3階
高さ(A棟):179.00m(最高高さ182.00m)
階数(B棟):地上33階、塔屋1階、地下3階(※ 32階という情報もあり)
高さ(B棟):約170m
敷地面積:19,898.68屐柄澗痢
建築面積:13,929.00屐柄澗痢
延床面積:約199,000
構造:地上 S造、地下 SRC造、RC造、S造
建築主:独立行政法人都市再生機構、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
設計者(A棟):日本設計
施工者(A棟):竹中工務店
設計者(B棟):大林組
施工者(B棟):大林組
工期:2015年5月15日着工〜2018年7月15日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ