三井物産ビル
 大手町1丁目に建つ「三井物産ビル」(地上24階、高さ100m、1976年竣工)です。三井物産本店ビルとして使用されていましたが、去年の11月25日に近隣ビルに移転しており、1月5日から「(仮称)大手町一丁目2地区計画」に向けて解体工事が始まることとなりました。

三井物産ビル 解体工事のお知らせ
 現地では「三井物産ビル」の解体工事のお知らせも設置されました。解体工期は2015年1月5日から2016年3月31日までで鹿島建設によって解体工事が行われます。鹿島建設なのでだるま落としのように下から解体する鹿島カットアンドダウン工法で解体されるかもしれません。

大手町パルビル
 「大手町パルビル」(地上9階、1961年竣工)です。ここも「(仮称)大手町一丁目2地区計画」の計画範囲に入っていますが、まだ解体工事のお知らせは見当たりませんでした。ここはプロミスの本社として使用されていましたが、2011年3月に三井物産と三井不動産に売却されています。

大手町一丁目三井ビルディング
 「大手町一丁目三井ビルディング」(地上9階、1961年竣工)です。ここも「(仮称)大手町一丁目2地区計画」の計画範囲に入っていますが、同じく解体工事のお知らせは見当たりませんでした。ここは三井生命保険の本社ビルとして使用されていましたが2010年に移転しています。それまでの名称は「三井生命大手町ビル」でした。

(仮称)大手町一丁目2地区計画 外観イメージ図
(仮称)大手町一丁目2地区計画 外観イメージ図[出典:三井不動産]

 解体後の跡地に建設される「(仮称)大手町一丁目2地区計画」の外観イメージ図です。A棟が地上30階、地下5階、高さ約160m、B棟が地上41階、地下5階、高さ約200mです。B棟の高層階はホテルとなります。竣工は2019年度の予定となっています。

(仮称)大手町一丁目2地区計画 配置図
(仮称)大手町一丁目2地区計画 配置図[出典:三井不動産]

 配置図を見ると赤い点線で敷地が囲われていますが、南側の真ん中に一部避けている部分があります。ここは平将門の首塚で、さすがに再開発の範囲には入っていません。

■(仮称)大手町一丁目2地区計画の物件概要■
名称:(仮称)大手町一丁目2地区計画
所在地:東京都千代田区大手町1丁目2番
用途:事務所、店舗、多目的ホール、ホワイエ、ホテル、バンケット、駐車場、地域冷暖房施設
階数(A棟):地上30階、地下5階
高さ(A棟):高さ約160m
階数(B棟):地上41階、地下5階
高さ(B棟):高さ約200m
構造:S一部SRC・RC造
敷地面積:2万0900
延床面積:36万1000
事業主体:三井物産・三井不動産
工期:2016年度着工〜2019年度竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ