月島三丁目地区第一種市街地再開発事業の計画地の空撮
 約2年前の月島の空撮ですが、赤い枠で囲ったところで「月島三丁目地区第一種市街地再開発事業」が計画されています。今まで概要がわからず今年の1月に「月島三丁目地区再開発準備組合が、再開発コンサルタント業務の委託先として大建設計(設計業務)とパシフィックコンサルタンツ(地権者調整など)を選定」といった内容の建設通信新聞の記事のツイートだけしていましたが、本日の建設通信新聞に続報が掲載され概要が判明しました。

 「月島三丁目地区第一種市街地再開発事業」は3棟延べ約13万峙模を想定しており、月島西仲通り商店街沿いのA地区では、住宅、商業・業務、保育園、地域貢献施設などから構成する地上50階、地下2階、高さ約175m、総戸数約1000戸のタワーマンション。隅田川沿いのB-1地区では515屬良瀉呂忙童遊園と、540屬良瀉呂5階建て延べ約1500屬療絞沺▲哀襦璽廛曄璽爐覆匹嚢柔する施設、B-2地区の敷地880屬砲蓮9階建て延べ約3500屐¬40戸の住宅棟を建設する予定となっています。配置図や完成予想図は月島三丁目地区再開発を考える会というブログに掲載されていました。メインのA地区タワーマンションは隅田川に対して斜めになる感じで配置する計画のようです。

 スケジュールとしては2015年6月に都市計画を中央区に提出し、2015年12月の都市計画決定を目指すとのことです。

▼建設通信新聞(2014年12月10日)
6月に都計案提出/3棟総延べ約13万/月島三丁目再開発準備組合
http://www.kensetsunews.com/?p=40493

月島・勝どき方面の空撮
 こちらはさらに古い2010年5月の「月島三丁目地区第一種市街地再開発事業」方面の空撮です。計画地は都営大江戸線の勝どき駅と月島駅の中間くらいで、月島西仲通り商店街(もんじゃストリート)と隅田川に挟まれた場所です。

カレッタ汐留から月島方面の眺め
 「カレッタ汐留(電通本社ビル)」の46階から見た月島方面です。こちらは今年の10月18日の撮影なので月島駅前の「キャピタルゲートプレイス(CAPITAL GATE PLACE)」(地上53階、最高高さ187m)も写っています。

 「月島三丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地は隅田川の手前の灰色のビル「ニチレイ東銀座ビル」(地上22階、最高高さ98.5m)の背後と右側あたりとなります。月島では他にもタワーマンション計画があるので、勝どきと月島がタワーマンション群として繋がりそうな憩いです。

月島・勝どき方面の眺め
 11月15日撮影の月島・勝どき方面です。巨大なツインタワーのタワーマンション「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)の左にチラッとレインボーブリッジが見えていますが、それを隠す感じの場所に「月島三丁目地区第一種市街地再開発事業」が計画されています。左の建設中のツインタワーは「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」(地上52階、高さ177.30m)です。

■月島三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区の物件概要■
計画名称:月島三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
所在地:東京都中央区月島3丁目
用途:住宅(約1000戸)、商業・業務、保育園、地域貢献施設
階数:地上50階、地下2階
高さ:約175m
敷地面積:1万0206
延床面積:約12万3000
事業主:月島三丁目地区再開発準備組合
事業協力者:五洋建設、首都圏不燃建築公社
コンサルタント(設計業務):大建設計
コンサルタント(全体調整):パシフィックコンサルタンツ


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。