(仮称)三井住友銀行本店東館計画

(仮称)三井住友銀行本店東館計画
 2日前に「(仮称)大手町1-1計画」の建設状況を載せましたが、今日はその周辺の超高層ビルの建設状況です。

 これはほぼ外観が完成した「(仮称)三井住友銀行本店東館計画」(地上29階、高さ150m)です。撮影した10月12日時点で低層部の足場が撤去中だったので近いうちに全景を見られるようになるかと思います。竣工は2015年2月末の予定です。

■(仮称)三井住友銀行本店東館計画の物件概要■
名称:(仮称)三井住友銀行本店東館計画
所在地:東京都千代田区丸の内一丁目8-6,19他
用途:事務所、ホール、駐車場
高さ:高さ150m、地上29階、塔屋2階、地下4階
敷地面積:5,960.07
建築面積:3,382.09
延床面積:89,115.85
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
建築主:三井住友銀行
設計:日建設計
施工:鹿島・三井住友・熊谷・鴻池 建設工事共同企業体
工期:2012年1月1日〜2015年2月28日完了予定

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
 「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上35階、高さ約179m)の建設地です。「逓信ビル(逓信総合博物館ていぱーく)」の解体準備が進んでおり足場で覆われていました。来年春頃までには解体され、2015年6月からの着工予定となっています。

 「逓信総合博物館」はこの建替のため2013年8月31日に閉館となりましたが、博物館の一部が「郵政博物館」として「東京スカイツリータウン」に移転して2014年3月1日にオープンしています。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
 隣の「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟」(地上32階)の建設地です。背後の「東京国際郵便局ビル」もB棟の敷地ですが、今は手前のコインパーキングだった部分のみ工事をしているように見えました。

大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:東京都HP]

 手前がA棟で右後ろに少しだけ見えているのがB棟です。B棟の高さは判明していませんが、A棟との差は10mないと思います。

■大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の概要■
計画名:大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都千代田区大手町二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数(A棟):地上35階、地下3階
階数(B棟):地上33階、地下3階
高さ(A棟):179m(最高高さ182m)
高さ(B棟):約170m
敷地面積:約2.0ha
延床面積(A棟):約199,000
延床面積(B棟):約150,000
建築主:独立行政法人都市再生機構、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
設計者(A棟):日本設計
施工者(A棟):竹中工務店
設計者(B棟):大林組
施工者(B棟):大林組
工期:2015年6月着工〜2018年5月竣工予定

(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業

(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟
 「大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上31階、高さ168.28m)の建設地です。「日本政策投資銀行本店ビル」「公庫ビル」の跡地です。

(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟
大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟の完成予想図[出典:東京都HP]

 超高層ビルが密集している大手町ですが、A棟の北側には超高層ビルはなく、逆光でブラインドを閉める必要もないのでここで働く人は素晴らしい景色を見ることが出来そうです。

■(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟の物件概要■
名称:(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟
所在地:東京都千代田区大手町一丁目9番
階数:地上31階、塔屋2階、地下4階
高さ:高さ168.28m
敷地面積:11,171.91(全体)
建築面積:7,146.76(全体)
延床面積:205,354.38(全体)
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計・NTTファシリティーズ
施工者:戸田建設
工期:2014年4月1日着工〜2016年4月1日完了予定

(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟
 「(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟」(地上18階、高さ87.67m)の建設地です。ここは「新公庫ビル」の跡地で「大手町温泉」もある星野リゾートのホテル「星のや東京」(総客室数84室)となります。

(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟
大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟の完成予想図[出典:東京都HP]

 こちらはA棟と違って四方を超高層ビルで囲まれた立地なので客室からの景色はほぼないものと思われます。ただ、「星のや東京」はホテルではなく日本旅館ということなので、景色を楽しむのではなく部屋の雰囲気を楽しむ宿泊施設になりそうです。

■(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟の物件概要■
名称:星のや東京
所在地:東京都千代田区大手町一丁目9番
階数:地上18階、塔屋1階、地下3階
高さ:高さ87.67m
客室数:84室
敷地面積:11,171.91(全体)
建築面積:7,146.76(全体)
延床面積:205,354.38(全体):約12,200(単体)
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計・NTTファシリティーズ
施工者:戸田建設
工期:2014年4月1日着工〜2016年4月1日完了予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。