新宿駅新南口ビル(仮称)と新宿交通結節点
 新宿駅新南口駅舎跡地で建設中の「新宿駅新南口ビル(仮称)」(地上33階、最高高さ168.16m)と「新宿交通結節点」です。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 「新宿駅新南口ビル(仮称)」(地上33階、最高高さ168.16m)にズームです。隣の新宿タカシマヤ側のセットバックしている部分がたぶん4階部分だと思うので、撮影した9月21日時点では7階だと思います。

 1階〜5階が商業施設、6階から33階がオフィスフロアとなります。竣工は2016年3月の予定です。

新宿交通結節点
 「新宿交通結節点」にズームです。一番上の4階部分(屋上)が高速バス関連施設、3階がタクシー、一般車の乗降場、2階が歩行者広場、駅施設となり、1階は既存の新宿駅ホームです。もうすぐ完成しそうな雰囲気もありますが、完成は2015年度予定となっています。

JR駅ビル・文化交流施設
 隣の低層のJR駅ビルです。4階までは「新宿交通結節点」となっていますが、5階〜7階は文化交流施設となります。約300人規模の多目的ホールや屋外広場、子育て支援施設等が整備される予定となっています。

新宿駅新南口ビル(仮称)と新宿交通結節点
 新宿サザンテラスから新宿タカシマヤ方面へ行ける橋から見た「新宿駅新南口ビル(仮称)」と「新宿交通結節点」です。「新宿駅新南口ビル(仮称)」の存在感が出て来るのはまだもうちょっと先になりそうです。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 甲州街道沿いから見た「新宿駅新南口ビル(仮称)」です。ここは新宿駅を超える跨線橋となっているので、ビルの1階部分はまだ下になります。

新宿駅新南口ビル(仮称)のタワークレーン
 タワークレーンにズームです。AZUSA NO.1とAZUSA NO.2と名称が付いていました。建築主はJR東日本なので特急のあずさから名前を付けたんですかねー。タワークレーンが2基あるから「あずさ2号」だとか言いながら名称を付けた様子が思い浮かびます(笑)

■新宿駅新南口ビル(仮称)の物件概要■
名称:新宿駅新南口ビル(仮称)
計画名:新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目他
階数:地上33階、地下2階
高さ:高さ167.31m(最高168.16m)
用途:駅舎、事務所、店舗、駐車場
敷地面積:17,860.96
建築面積:18,416.18
延床面積:136,541.88
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:国土交通省・東日本旅客鉄道
設計:東日本旅客鉄道
施工:大林・大成鉄建・共同企業体
工期:2013年9月着工〜2016年3月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。