シティタワー広島
 広島駅の南口の目の前で建設中の分譲のタワーマンション「シティタワー広島」(地上52階、最高高さ193m)です。この一帯の再開発は「広島駅南口Bブロック第一種市街地再開発事業」で背後で建設中の建物までがBブロックの範囲です。この写真の撮影場所はAブロックに建つ商業施設「エール エールA館」の屋上です。

 「シティタワー広島」が建つ場所が西棟で12階〜52階が総戸数514戸の住宅フロアとなります。10階と11階がホテル、4階と7階がオフィスフロア、5階と6階が公益施設、地下2階から地上3階が店舗フロアでビックカメラが入ります。背後のシートで覆われた建物は東棟で1、2階が店舗フロア、3階〜10階が自走式の駐車場となります。

シティタワー広島
 地上から見た「シティタワー広島」です。フェンスにはビックカメラの文字がありました。

シティタワー広島
 「シティタワー広島」部分にズームです。この場所に中国、四国、九州地方では最高層となる分譲のタワーマンションが建設されます。

シティタワー広島の完成予想図
シティタワー広島の完成予想図[出典:公式サイト]

 外観は住友不動産のシティタワーシリーズらしい黒っぽい外観になります。この完成予想図の道路の先が広島駅になります。

■シティタワー広島の物件概要■
名称:シティタワー広島
計画名:広島駅南口Bブロック第一種市街地再開発事業
所在地:広島県広島市南区松原町100番(地番)
用途:住宅、店舗、事務所、公共施設、ホテル、駐車場、駐輪場
総戸数:514戸(非分譲住戸43戸含む)
階数:地上52階、地下2階
高さ:189.15m(最高高さ約193m)
敷地面積:8,362.47(全体)
建築面積:7,517.82(全体)
延床面積:125,472.92(西棟:89,727.15屐東棟:35,745.77)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造)、免震構造
建築主:広島駅南口Bブロック市街地再開発組合
売主:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:前田建設工業
工期:2013年4月着工〜2016年6月下旬竣工予定
入居:2016年12月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。