北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業 超高層業務棟(A1棟)

北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業 超高層業務棟(A1棟)
 大崎駅の北東側、目黒川を超えた場所の大規模再開発「北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業」で建設中の超高層オフィスビル「北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業 超高層業務棟(A1棟)」(地上31階、高さ142.90m)です。既に上棟しており塔屋も外観が完成していました。

北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業 超高層業務棟(A1棟)
 低層部はまだこれからといった感じです。

■超高層業務棟(A1棟)の物件概要■
名称:北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業 超高層業務棟(A1棟)
所在地:東京都品川区北品川五丁目
用途:事務所・店舗・駐車場
階数:地上31階、地下2階
高さ:142.90m
敷地面積:7,813.22
建築面積:5,261.30
延床面積:91,957.17
構造:鉄骨造 柱:コンクリート充填鋼管造
設計:日本設計
施工:大成建設
工期:2012年4月2日着工〜2015年5月下旬竣工予定

パークシティ大崎 ザ タワー

パークシティ大崎 ザ タワー
 同再開発で建設中の分譲のタワーマンション「パークシティ大崎 ザ タワー」(地上40階、高さ141.39m)です。総戸数734戸(販売総戸数566戸、事業協力者戸数168戸含む)は既に全戸申込されています。後はローン審査で落ちた物件などの再販があるかどうかくらいですかね。現在は塔屋部分の建設中でした。

■パークシティ大崎 ザ タワーの物件概要■
計画名称:北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業 超高層住宅棟(D棟)
名称:パークシティ大崎 ザ タワー
所在地:東京都品川区北品川五丁目
用途:共同住宅・子育て支援施設・店舗・地域コミュニティ施設・駐車場
総戸数:734戸(販売総戸数566戸、事業協力者戸数168戸含む)
階数:地上40階、地下2階
高さ:141.39m
敷地面積:6,445.59
建築面積:4,895.43
延床面積:93,140.99
構造:鉄筋コンクリート造
売主:三井不動産レジデンシャル・日本土地建物販売・大成建設・大和ハウス工業・新日鉄興和不動産
設計:日本設計
施工:西松建設
工期:2012年4月2日着工〜2015年5月下旬竣工予定
入居:2015年7月下旬予定

北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業 高層業務棟(C1棟)

北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業 高層業務棟(C1棟)
 同再開発で建設中の高層オフィスビル「北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業 高層業務棟(C1棟)」(地上20階、高さ92.60m)です。こちらも最上階まで達しているように見えます。

■高層業務棟(C1棟)の物件概要■
名称:北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業 高層業務棟(C1棟)
所在地:東京都品川区北品川五丁目
用途:事務所・産業支援交流施設・店舗・駐車場
階数:地上20階、地下2階
高さ:92.60m
敷地面積:5,811.01
建築面積:2,446.23
延床面積:44,768.88
構造:鉄骨造 柱:コンクリート充填鋼管造
設計:日本設計
施工:大成建設
工期:2012年4月2日着工〜2015年5月下旬竣工予定

パークシティ大崎 ザ レジデンス

パークシティ大崎 ザ レジデンス
 同再開発で建設中の分譲マンション「パークシティ大崎 ザ レジデンス」(地上18階、高さ68.37m)です。こちらも既に最上階に達しているように見えます。ただ、まだ塔屋部分の建設が残っています。

パークシティ大崎 ザ レジデンス
 「パークシティ大崎 ザ タワー」と比べると随分と低いですが、目黒川の目の前で大崎駅には近いです。タワーの方は完売していますが、こちらはこれから第1期2次の販売が開始される段階です。超高層にこだわりがなければこちらの方が生活環境は良いかもしれませんね。

■パークシティ大崎 ザ レジデンスの物件概要■
名称:パークシティ大崎 ザ レジデンス
計画名称:北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業 高層住宅棟(A2棟)
所在地:東京都品川区北品川五丁目
用途:共同住宅・駐車場
総戸数:116戸(販売総戸数92戸、事業協力者戸数24戸含む)
階数:地上18階
高さ:高さ68.37m
敷地面積:2,205.87
建築面積:1,233.91
延床面積:12,453.27
構造:鉄筋コンクリート造
設計:日本設計
施工:大成建設
工期:2012年4月2日着工〜2015年5月下旬竣工予定

北品川五丁目第1地区

目黒川歩行者デッキ
 「北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業」で整備される目黒川歩行者デッキです。左側に橋が架かっていますが、これはたぶん作業場でその右側に大きな橋が架かるものと思われます。

 この橋が架かると大崎駅を中心にペデストリアンデッキなどを通って地上に降りることなくあちこちに行けるようになります。地下や地上を通らず移動出来る距離はここ以上は思いつきません…と書いている間に幕張の方がどこまでも行けるなと気付いてしまいました(^^;)

大崎の超高層ビル群
 大崎ウィズシティへ続くペデストリアンデッキから見た「北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業」方面です。ここまで地上に降りることなく歩いて来ることが出来ます。

北品川五丁目第1地区
 ズームです。超高層業務棟(A1棟)のタワークレーンが解体中でした。パークシティ大崎 ザ タワーの塔屋ももうすぐ姿を見せそうです。


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。