(仮称)小杉町二丁目開発計画

(仮称)小杉町二丁目開発計画 A地区
 武蔵小杉駅近くのJX日鉱日石エネルギーの社宅跡地の再開発「(仮称)小杉町二丁目開発計画 A地区」(地上54階、高さ180m)です。3月末に見に行ったときはまだ社宅の解体中でしたが、今は解体は終わっていました。

(仮称)小杉町二丁目開発計画 A地区
 敷地の中を覗いてもこの通り綺麗な更地になっていました。ただ、現地に掲示されている事業計画のお知らせでは8月1日着工予定となっており、この撮影した8月2日時点では着工した気配はありませんでした。

(仮称)小杉町二丁目開発計画 B地区
 こちらは「(仮称)小杉町二丁目開発計画 B地区」(地上54階、高さ180m)です。A地区と合わせて高さ180mのツインタワーとなります。多数のタワーマンションが建つ武蔵小杉ですが、このツインタワーが建てばよりタワーマンション群が大きくなるので、遠方から見たときにどう見えるのか今から楽しみです。

(仮称)小杉町二丁目開発計画 事業計画のお知らせ
 「(仮称)小杉町二丁目開発計画」の事業計画のお知らせです。

■(仮称)小杉町二丁目開発計画の物件概要■
計画名:(仮称)小杉町二丁目開発計画
所在地:川崎市中原区小杉町二丁目228番1ほか4筆
用途:店舗、事務所、集会所、保育所、共同住宅

--- A地区 ---
総戸数:640戸
階数:地上54階、地下1階
高さ:180.00m
敷地面積:8,480.00
建築面積:5,550.00
延床面積:69,130.00

--- B地区 ---
総戸数:640戸
階数:地上54階、地下1階
高さ:180.00m
敷地面積:8,650.00
建築面積:5,160.00
延床面積:70,170.00

構造:RC造、一部S造
事業主:三井不動産レジデンシャル、JX日鉱日石不動産
設計:竹中工務店
施工:竹中工務店
工期:2014年8月1日着工〜2017年7月末日竣工予定

(仮称)日本医科大学武蔵小杉開発計画

(仮称)日本医科大学武蔵小杉開発計画
 「(仮称)小杉町二丁目開発計画 A地区」の敷地の斜め向かい(北東)の「日本医科大学武蔵小杉病院」です。この場所にも三菱地所と大成建設によって高さ180mのツインタワーのタワーマンション計画「(仮称)日本医科大学武蔵小杉開発計画」があります。ツインタワーが2つ並ぶ姿はかなり目立ちそうですね。位置図や他の計画などは以下の資料に載っています。

▼川崎市:まちづくり委員会資料:2014年4月18日
日本医科大学病院跡地の超高層マンション建設計画に関する陳情


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ