パークタワー新川崎
 今年3月に施工ミスが発覚した「パークタワー新川崎」(地上47階、高さ165m)の建設状況を見てきました。

 「パークタワー新川崎」は順調に建築が進み販売も開始されていましたが、今年3月に4階部分の柱や梁のコンクリートにクラックや剥離が発生。原因は4階部分に充填材を注入しないまま、5,6階(一部7階)の施工を進めたことにより、柱の一部に許容を超えた荷重がかかったということでした。そのため施工ミスのあった4階部分を解体・撤去して再施工するとのこでした。

パークタワー新川崎
 現在はこのように不具合のあった4階部分の解体・撤去は終わっているようでした。

パークタワー新川崎
 鹿島田駅前のペデストリアンデッキから見た「パークタワー新川崎」です。タワークレーンが4基ありますが、左から2番目のタワークレーンはマンション本体とは別の場所に設置されていました。

パークタワー新川崎
 これは今年の3月29日に撮影です。上は8月2日の撮影です。途中まで建設が進んでいた箇所が撤去されたのが一目でわかります。

 施工ミス発覚したため販売中止となっていますが、いつ頃販売が再開されるんでしょうね?公式サイトは消えたままになっています。今度は細心の注意を払って建設を進めると思うので、かなり安心出来るタワーマンションになるのかなと思っています。

商業・生活利便施設棟
 「パークタワー新川崎」の隣の「商業・生活利便施設棟」です。こちらは工事が進んでいました。

ペデストリアンデッキ
 新川崎駅前へ続くペデストリアンデッキの建設もここまで進んでいました。「パークタワー新川崎」の建設は大幅に遅れますが、他は順調に進んでいるようです。

パークタワー新川崎の完成予想図
 現地看板を撮影した「パークタワー新川崎」の完成予想図です。完成すると新川崎・鹿島田地区では最高層の建物となります。

■パークタワー新川崎の物件概要■
名称:パークタワー新川崎
計画名:(仮称)鹿島田駅西部地区第一種市街地再開発施設建築物 住宅棟
所在地:神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1201番(地番)
用途:共同住宅、商業施設等
総戸数:670戸(事業協力者住戸12戸含む、他に店舗19区画)
階数:地上47階、地下2階
高さ:高さ165m
敷地面積:6,131.20
建築面積:4,813.52
延床面積:75,643.03
構造:鉄筋コンクリート造
建築主:鹿島田駅西部地区再開発
売主:三井不動産レジデンシャル
設計者:松田平田設計
施工者:清水建設
工期:2012年8月着工〜2015年3月中旬竣工予定(施工ミス発覚前)


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ