渋谷駅の再開発で起工式が行われたとニュースになっていますが、2週間くらい前に高さ228.30m「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」が8月に本格工事着手!というブログ記事を書いており、最新写真がないので今回はスルーして、本日は建築計画のお知らせでは本日が着工予定になっている「(仮称)中央区晴海二丁目計画」です。

(仮称)中央区晴海二丁目計画
 三井不動産レジデンシャルによる分譲のタワーマンションが建設される「(仮称)中央区晴海二丁目計画」(地上48階、最高高さ178.49m)です。地中障害撤去工事が8月30日までの工期で行われていますが、着工予定は本日2014年8月1日となっています。

(仮称)晴海二丁目計画販売センター
 現地から月島駅方面に少し移動したところの月島運動場交差点角地に「(仮称)晴海二丁目計画販売センター」が建設されます。現地には建築計画のお知らせも出ており、販売センター(モデルルーム)は8月25日着工、来年の2月28日に完成予定となっています。ということで、「(仮称)中央区晴海二丁目計画」の販売開始は早くても2015年3月以降になりそうです。

(仮称)中央区晴海二丁目計画
 上のモデルルームの建設地を撮影した歩道橋から見た「(仮称)中央区晴海二丁目計画」の建設地方面です。この道路沿いの奥側が建設地です。手前側の空き地は都有地で、業務・商業施設の用地となっていますが、計画が動き出したといった情報はまだ聞いたことがありません。また、この道路の左側の「晴海小野田レミコン」がある場所は、晴海二丁目土地区画整理事業のイメージで複合予定地となっていますが、こちらもまだ動きはなさそうです。

晴海二丁目のタワーマンション
 晴海大橋から見た晴海2丁目です。左側が三菱地所のツインタワーのタワーマンション「ザ・パークハウス晴海タワーズ」の「クロノレジデンス」」(地上49階、高さ169.2m)で、ツインタワーのもう1棟の「ティアロレジデンス」(地上49階、最高高さ167.70m)は中央で建設中です。この右側に同じくらいの高さの「(仮称)中央区晴海二丁目計画」(地上48階、最高高さ178.49m)が建設されます。

(仮称)中央区晴海二丁目計画の完成予想図
(仮称)中央区晴海二丁目計画の完成予想図[出典:建設通信新聞]

 反対側から見た「(仮称)中央区晴海二丁目計画」の完成予想図です。50階近いタワーマンションが3棟並ぶ姿はなかなか迫力がありそうです。

■(仮称)中央区晴海二丁目計画の物件概要■
名称:(仮称)中央区晴海二丁目計画
所在地:東京都中央区晴海二丁目104番、105番(地名地番)
用途:共同住宅、保育所、店舗、飲食店
総戸数:過去の情報では約1120戸
階数:地上48階、地下1階
高さ:169.99m(最高高さ178.49m)
敷地面積:19,161.72
建築面積:5,405.63
延床面積:121,170.00
構造:鉄筋コンクリート造
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計:大林組
施工:大林組
工期:2014年8月1日着工〜2017年9月30日竣工予定


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ